パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

【コラム】継続率65%規制撤廃(前編)/ぱちんこ開発者の独り言

更新日:

ぱちんこ開発者の独り言57
平成31年2月1日より、パチンコ機においては確変、時短、記憶、全ての実射位置で遊技した場合、全ての各項目において継続率は65%を下回らなければならない(但し、リミッターを除く機)という、いわゆる「継続率65%規制」が撤廃されることになった。

65%規制は、平成28年5月1日より約3年近くの内規であったが、そもそもは「行き過ぎた射幸性を抑え、新たなファン獲得に向け、確率変動の割合に上限を設ける」といったものであり、総獲得遊技球数の期待値における内規、いわゆる総量規制があった上での内規だったため、当初より、65%規制における内規には懐疑的な声も少なくなかった。

厳しい言い方をさせていただくのであれば、この3年間に「射幸性を抑えることで、新たなファン獲得ができた」と胸を張って宣言できる業界人は、どれほどいるのであろうか。新たな内規を定め、その内規を撤廃したのであれば、目的(新たなファン獲得)が達成できたのかどうなのかの「総括」は必要だ。場当たり的な対応であれば、新規ファン獲得はおろか、今現在、支持しているユーザーの離反を食い止めることすら無理であろう。

閑話休題、平成30年2月1日の規則改正により、パチンコ(パチスロ)機は出玉性能に更なる制限がついたため、「行き過ぎた射幸性を抑える」ことに成功した(と認識できる)こと、継続率規制を撤廃することで、ゲーム性の幅を向上させることで「新たなファン獲得を目指す」こと、などから、撤廃の動きになったであろうことが推測される。

当然のことながら、スペックの設計に当たっては、規則改正により旧基準に比べて狭まった出玉率の範囲に収めなければならず、総量規制においても変わらず存在するため、射幸性という部分にスポットを当てた場合、数値という観点においては継続率65%規制が撤廃されようが変わり無いのはご承知の通りである。

しかしながら、出玉獲得に至るプロセスには大きな違いが出る。これこそが、「体感」と呼ばれるものであり、ユーザーのイメージ構築における大切な要素の1つなのであるのは、過去のコラム【スペック性能とユーザー印象(前編)及びスペック性能とユーザー印象(後編)】の通りである。

具体的にいうと、

ハイミドル 【1/300 出玉率120%】
ライトミドル 【1/199 出玉率120%】
甘スペック 【1/99 出玉率120%】
普通機   【出玉率120%】

どれが最も出玉性能が高いと思うだろうか。どのスペックがユーザー体感として、最も出玉性能が高いと認識できるだろうか。

当然、出玉率が全て120%であれば、出玉性能はイコールである。しかしながら、玉の出方が全て違うため、その与える印象は全て違う可能性が高い。初当たり確率が深ければ深いほど、一撃の出玉性能が高くなるため、結果として同じ出玉率であったとしても、確率が最も深い300分の1であるハイミドルスペックが、最も出玉性能が高いと体感になると考えられるのである。

実際の性能もスペック構築の上で重要な要素であるが、最も印象付けるところは体感であり、それは様々な要素によって構築されるということを忘れてはならない。

【宣伝】
ぱちんこ業界無料セミナー最大規模の「JAPaNセミナー」に、講師として登壇させていただきます。私の担当は「3時限―A」にて、「新規則×内規×旧基準機設置比率削減を語る」との表題にて、NSPドクターの高橋社長と共同で登壇致します。その他にも、有益なセミナーが全て無料で受講できますので、皆様奮ってご参加ください。

申し込み先
http://www.vs777.co.jp/japan_seminar/index.html

■プロフィール
荒井 孝太
株式会社チャンスメイト 代表取締役
パチンコメーカー営業、開発を歴任後、遊技機開発会社チャンスメイト(http://chancemate.jp/)を設立。
パチンコ業界をより良く、もっと面白くするために、遊技機開発業務の傍ら、ホール向け勉強会や全国ホール団体等の講演会業務など広く引き受ける。

-コラム
-

Copyright© 『遊技日本』 , 2018 All Rights Reserved.