パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

「パーラー大黒天」運営の北星実業(北海道)が破産

投稿日:

「パーラー大黒天」の屋号でパチンコホールを運営していた㈱北星実業及び関連の(有)栄信企業は10月19日、札幌地裁より破産開始決定を受けた。負債額は北星実業が約12億円、永信企業が約3億円で、両社合計で約15億円。

信用調査機関が伝えたところによると、北星実業は北海道札幌市内で「パーラー大黒天」の屋号でホール6店舗を運営。ピーク時の平成16年3月期には約307億円の売上を計上していた。しかし、近年は、パチスロ機の射幸性抑制や大手ホールの出店による競合激化により業績が低迷。加えて、リース会社等が、パチンコ、パチスロ機のリース契約を抑制したため資金繰りが悪化し、金融機関へ返済条件緩和を要請するなど厳しい経営状態が続いていた。

同社はその後も集客が伸び悩み、平成30年3月期には売上高が約22億円にまで低迷。今年に入り9月までで、運営するホール6店舗のうち、5店舗を閉鎖し、それ以降は「パーラー大黒天 北光店」と、関連会社の栄信企業が経営する「パーラー大黒天 江別店」の2店舗で営業を続けていた。

同社では、本社及び閉鎖した「パーラー大黒天 元町店」の不動産を売却することで、借入金の圧縮を図る計画だったが、交渉が不調に終わったことで資金繰りが限界に達し、今回の措置に至ったという。

栄信企業は、上記の通り「パーラー大黒天 江別店」を運営し、ピーク時には約43億円の売上を計上していたが、平成30年6月期は売上が約5億円にまで低下。北星実業に連鎖する形で破産することとなった。

-PICK UP, 業界ニュース
-

Copyright© 『遊技日本』 , 2021 All Rights Reserved.