パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

フシミコーポレーションが破産手続開始申立

投稿日:

パチンコ店運営のフシミコーポレーション株式会社(本社:愛知県名古屋市瑞穂区雁道町3-1、代表:深谷友尋氏ほか)他関連2社は6月30日、事業を停止し、破産手続開始申立の準備に入った。負債総額は3社合計で約15億円。

フシミコーポレーションは1947年に創業し、1951年に法人化した老舗のパチンコホール経営企業。愛知県内で「ファンダーズ」の屋号でパチンコホールを運営していた。ピーク期は売上高約110億円を超えるまで成長したが、近年は競合他社との競争激化や遊技機の規制強化などにより集客が伸び悩み、業績が悪化。不採算店舗の閉鎖など経営改善に取り組んできたが、新型コロナ感染拡大の影響も大きく、令和3年12月期の売上高は約4億5,000万円にとどまっていた。

代表の深谷氏は日遊協会長を2013年までの6期12年にわたって務め、2016年には元全日遊連理事長の原田實氏に続いて遊技業界二人目となる藍綬褒章を受賞していた。

-業界ニュース
-, , ,

Copyright© 『遊技日本』 , 2022 All Rights Reserved.