パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

パチンコ液晶製作のアナハイムエンタテインメントが破産

投稿日:

パチンコの液晶製作等を手掛ける有限会社アナハイムエンタテインメント(本社:東京練馬区)が2月7日、東京地裁から破産開始決定を受けた。負債総額は約7,600万円。東京商工リサーチが伝えた。

同社は、パチンコ(パチスロ)液晶制作のほか、テレビアニメ制作、ソーシャルゲーム用キャラクターの3DCG、劇場用映画の企画制作等を手掛けていた。

ピークの平成23年4月期の売上高は約2億5,000万円。その後は経営環境の悪化から受注が減少し、平成28年4月期の売上高は1億5,792億円にとどまっていた。直近も業況は改善せず、先行きの見通しが立たないことから今回の措置になったという。

-業界ニュース
-

Copyright© 『遊技日本』 , 2021 All Rights Reserved.