パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

「パチンコ営業」と「ギャンブル等」の関連性について質問主意書

投稿日:

民進党所属の真山勇一参議院議員が2月9日、「賭博及びギャンブル等の定義及び認識に関する質問主意書」を参議院へ提出した。

質問主意書の中で同氏は、政府の賭博及びギャンブル等の定義及び認識について4点を質問。1つ目はギャンブル等依存症対策の対象となる「ギャンブル等」の定義、2つ目が景品として一定の財物を提供しているパチンコ営業は刑法上の賭博にあたる要素はないか、3つ目はいわゆる“3点方式”が確立したパチンコ営業を刑法上の賭博にあたると認識するか、賭博でないと認識するなら、その理由は何か、4点目はパチンコ営業はギャンブルのひとつか、ギャンブルではないと認識するなら、他のギャンブルとともに依存症防止対策を進める必要があるとされるパチンコ営業がギャンブルのひとつではないと認識する理由、これらの説明を求めた。

同氏は1944年東京生まれ。元日本テレビの記者で、2010年に参議院選挙に出馬。2012年と2016年の2回当選実績がある。現在参議院では、法務委員会、議院運営委員会、政府開発援助等に関する特別委員会を担当している。

-業界ニュース

Copyright© 『遊技日本』 , 2020 All Rights Reserved.