パチンコ・パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

【新台噂(パチンコ、パチスロ)】6号機「×面×イダ××」も開発中!?

投稿日:

・『S●面●イダ●●Jア●●ン●』
→6号機で開発中のようですね。幾つか異なる機種名があるようですが、正式には結構長めの機種名となっているようです。かなりの数を開発しているようなので、今後の動向には注目です。そのスペック&ゲーム性はどうなっているのでしょうか?楽しみですね。

・『Pキ●●ツ●イ』
→あの名機が、新基準機パチンコ機となって登場予定のようです。まだ適合していないようですが、今後の動向には注目です。今度は別のブランドより登場予定のようですし、そのスペック&ゲーム性等も気になりますね。注目です。

・『CR新●●仕●人』
→旧基準機なのですが、もしかしたら発売せずお蔵入りかも?と噂されている機種のようです。まだ詳細等は不明ですけども、今後の動向がとても気になる所です。少し演出等も異なるのでしょうね。きっと。注目です。

・『P●こ●チ●』
→どうやら既に適合を受けている機種のようですね。さあ、どんな機種となっているのでしょうか?先行してスロでは既に登場しましたので、同じ演出が採用されている?という可能性もあるだけに注目です。早く実機を見てみたい所ですね。

・『Pミリオンゴッドディセント』
→早いですね、今年5月に登場した新機種ですが、既に新基準機で開発・申請がされている?という情報をキャッチしました。まだ適合の噂は聞いていませんが、登場が近いかも知れません。今後の動向から目が離せませんね。

最近、パチンコ、パチスロとも、内規変更の話題で持ち切りです。正直、どんな機種が市場導入されるのか?不明ですが、楽しみは尽きない所ですね。

もう一つ、地味ではあるのですが、「役比モニタ」の存在。これって、新基準機・6号機からは必ず必須で、簡単に言うと「通常ゲーム中」と「大当たり&ボーナス中(役物)」の数字を自動的にカウントする機能とモニタの存在の事であります。「釘を異常な程に曲げて、ベースが維持されているのか?」「機種性能は、検定機と遜色ない形に動いているか?」等を自動でモニタし、何か違法性があればそれでチェックするというもの。

問題は、その影響で遊技機価格が急上昇しているという事でしょうかね?ソフト開発からモニタ設置まで考えると、コストも上がりますし。1台50万円時代…そう遠くはないような気がしてなりません。ハイ。

■プロフィール
チャーリー・ロドリゲス・湯谷
自称パチンコ・パチスロ伝道師。この立ち位置を20年近く続けているロートル業界ウォッチャー。特技はスプーン投げ。今ではスプーンも曲げられない程、筋力低下。「意見待つ!」と言い続けて、20年。他人の意見に未だ弱く、老化は続くか、パチンコやパチスロに賭ける情熱は衰えず!

-コラム
-

Copyright© 『遊技日本』 , 2018 All Rights Reserved.