パチンコ・パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

リングシリーズのAタイプ、対決型RT搭載/パチスロ貞子VS伽椰子

更新日:

㈱藤商事(井上孝司代表取締役)は4月26日、都内台東区の東京支店にて新台「パチスロ貞子VS伽椰子」のプレス発表会を開催した。

プレス会の冒頭、登壇した東京開発部の高橋ディレクターは本機の特徴について「リングシリーズの貞子と、呪怨シリーズの伽椰子が同じ世界観で対決へと流れ込む、日本ホラー史上の最大のスーパープロジェクトをまさかの対決型RT搭載のAタイプとして再現した」と述べた。また同氏は、開発の経緯について「きっかけとなったのが、アンケートで“リングのAタイプがあったら面白い”という意見を頂いたことで本機の開発がスタートした」と明かし、「上部の“呪いの手役物”がいつ落ちるか分からないドキドキ感。また、落ちた時の衝撃からくる爽快感が今までにないAタイプの面白さとなっている」と見所を述べた。

同コンテンツは、2016年に製作のホラー映画。「リング」シリーズの貞子と「呪怨」シリーズの伽椰子が共演したクロスオーバー作品。ゲーム性はA+RTタイプで、自分の好みにあった演出を4パターンから選択可能だ。ボーナス(BB:最大311枚獲得、RB:最大52枚獲得)終了後は「バーサスチャレンジ」に移行し、揃うリプレイの種類によって移行先RTが変化。RTは3種類ありそれぞれゲーム数が異なる(20G~77G)。

演出面では、役物が落ちてきたらボーナスというシンプルさと、総数2,900パターン以上という多彩なリーチ目など、ライトユーザーからヘビーユーザーまで楽しめる設計になっている。

スペックはBB確率が1/306.2(設定1)~1/275.4(設定6)、RB確率が1/352.3(設定1)~1/312.1(設定6)、出玉率が97.4%(設定1)~108.5%(設定6)となっている。千円ベースは35~38G、コイン単価は約2.3円。導入開始日は6月4日を予定している。

 

©2016「貞子VS伽椰子」製作委員会

-新台, 業界ニュース
-,

Copyright© 『遊技日本』 , 2018 All Rights Reserved.