パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

フィーバークィーンがパチスロで登場!

投稿日:

SANKYOは11月22日、都内台東区のショールームにてパチスロ新台「パチスロ フィーバークィーンII」(ビスティ製)の内覧会を開催した。

本機は、ドラム搭載パチンコ機「フィーバークィーン」をモチーフとしたパチスロ。キャッチコピーは「今度はパチスロで遊ばない?」で、特徴はドラム役物とパチスロの融合だ。

スペックはA+RTタイプで、ドラムリールの図柄が揃えばボーナスとなる。全ボーナス終了後には30GのRTに突入する安心設計。通常時は自分の好みに合わせた演出モードが選択可能で、「クィーンモード」と「クラシックモード」の2種類がある。

両モードは演出頻度が異なり、「クィーンモード」は演出頻度が高く、「クラシックモード」は低めとなっている。どちらもチャンス目やチェリー入賞がドラム始動のチャンスで、ドラム始動後、リーチに発展すればボーナス期待度は50%。ドラム演出の発生率は、「クィーンモード」がドラム始動確率約1/42、ドラム始動時のリーチ期待度は約50%。「クラシックモード」はドラム始動確率が約1/97、ドラム始動時のリーチ期待度は約100%となっている。

ボーナスは、赤7BB(獲得300枚+RT30G)、青7BB(獲得240枚+RT30G)、RB(最大獲得108枚+RT30G)の3種類を搭載。BBはフリー打ちで最大枚数を獲得できるが、RB中は青7図柄付近を避けて消化することで最大枚数を獲得できる。全ボーナス後は30GのRTに突入。RT中はチャンス目出現率が約1/55(通常時)から約1/7へと大幅にアップするといった特徴がある。なお本機は4段階設定で、ボーナス合成確率は約1/156(設定1)~約1/131(設定6)だ。

導入開始は来年1月21日を予定している。

-新台
-, ,

Copyright© 『遊技日本』 , 2018 All Rights Reserved.