パチンコ、パチスロ業界ニュース

平均ゲーム数約350GのRT搭載/パチスロ「ダンまち」

投稿日:

北電子は9月27日、都内の秋葉原UDXにてパチスロ新台「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」の新機種展示会を開催した。

通称“ダンまち”で知られる同コンテンツ。2013年GA文庫よりライトノベル第1巻が発売され、小説とコミカライズ併せて国内累計発行部数900万部を突破、2015年には全13話+OVA1話のTVアニメが放映された大人気作品だ。2019年には劇場版の公開とTVアニメシリーズ第2期の制作も決定している。

本機はコンテンツの魅力を活かしたゲーム性と、細部までこだわって作り込んだ専用筐体を採用。また女神ヘスティアが歌う新曲「冒険は未来」「続く軌跡」の2曲を収録した。

スペックはボーナス+RTタイプで、2種類あるRTが特徴だ。1つ目のRT「ソロプレイ」は30G1セットで、消化後は継続抽選のバトルに突入。押し順正解でRT継続となる。基本的には、このRT「ソロプレイ」の間に上位RT「マルチプレイ」への昇格を目指し、昇格は主にレア役、白7揃いの演出成功で、昇格期待度は約1/3となっている。

上位RT「マルチプレイ」は、“エピソード”、“ダンジョン”、“デスパレードゾーン”の3つのパートで構成。前半の“エピソード”は30G固定で、アニメの名場面が楽しめる仕様。次に移行する“ダンジョン”は、表示されるスタミナゲージがなくなるまで続き、白7揃いの演出成功やボーナス中に獲得できるポーションでスタミナゲージを回復、または魔石を獲得して継続を狙っていく。

基本的に上位RT「マルチプレイ」は、“エピソード” と“ダンジョン”のパートがメインで、これらをループさせることがロング継続のカギとなる。そのループ率は約70%、平均ゲーム数は約350G(設定1)となっている。なお“エピソード”消化中にスタミナが無くなると、30G固定である“デスパレードゾーン”に移行。押し順正解で継続のチャンスとなっている。

ボーナスは5種類(同色7揃い2種類+異色7揃い2種類+レギュラーボーナス)搭載しており、中でも獲得枚数が変動する「ディヴァインジャッジ」(異色7揃い2種類)が特徴。このボーナスでは、演出発生時に目押しによる技術介入があり、これによって獲得枚数が変動する。平均獲得枚数は「青7・青7・白7」揃いであれば220枚、「赤7・赤7・白7」揃いなら128枚となっている。

ボーナス合成確率は1/189.4(設定1)~1/149.3(設定6)。本機の導入開始日11月19日を予定している。

©大森藤ノ・SBクリエイティブ/ダンまち制作委員会
©KITA DENSHI

-新台
-,

Copyright© 『遊技日本』 , 2019 All Rights Reserved.