パチンコ、パチスロ業界ニュース

A PROJECT第9弾はフルスペックA-TYPE機/パチスロ「アレックス」

投稿日:

㈱ユニバーサルエンターテインメント(富士本淳代表取締役社長)はこの度、パチスロ新台「アレックス」(アクロス製)を発表した。

リバイバルをテーマとして、「復刻機」や「技術介入機」など、パチスロの原点に立ち返った機種を開発するA PROJECT第9弾となる本機。4号機時代の1999年に発売され人気を博した「アレックス」が、6号機では再現不可能となるフルスペックA-TYPEとして再び登場することとなった。

ボーナスはMAX335枚獲得のBB、MAX116枚獲得のRBの2種類。枚数アップの技術介入要素に加えて、A PROJECTシリーズでお馴染みの設定示唆要素も盛り込んだ。

通常時は、4号機の「アレックス」を忠実に再現しつつ、「バーサス」同様、予告音の有無で目押し箇所を変えられる仕様となっている点が特徴。予告音、消灯、出目、フラッシュが織りなすゲーム性を存分に堪能できる演出クォリティを実現している。

本機の導入開始は9月18日を予定。

©UNIVERSAL ENTERTAINMENT

-新台
-,

Copyright© 『遊技日本』 , 2019 All Rights Reserved.