パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

ユニバーサルエンターテインメント2Q決算は黒字着地、通期は黒字浮上の見通し

投稿日:

ユニバーサルエンターテインメントは11月14日、2022年12月期の第2四半期決算を発表。売上高563億23百万円(前年同期比96.8%増)、営業利益8億33百万円(前年同期は営業損失87億63百万円)、経常利益134億28百万円(同経常損失87億61百万円)、純利益67億68百万円(同純損失169億28百万円)となり、大幅な増収、黒字浮上で着地した。併せて通期の業績予想を開示し、今期最終は黒字浮上する見通しを示した。

遊技機事業の売上高は272億92百万円(前年同期比95.2%増)、営業利益は51億35百万円(前年同期は営業損失23億18百万円)。パチスロ機では「SLOT えとたま」「SLOT STEINS;GATE」を市場投入するとともに、「沖ドキ!DUO」「パチスロ バイオハザード7 レジデントイービル」の再販売を行った。パチンコ機では「Pミリオンゴッド-一撃-」「P真バジリスク~甲賀忍法帖~」を市場投入。パチスロ・パチンコ機ともに販売台数は堅調に推移し、第2四半期累計の販売台数は62,665台(同30,528台増)となった。なお通期の販売台数は約15万台を見込んでいる。

統合型リゾート(IR)事業の売上高は285億39百万円(前年同期比102.4%増)、営業損失20億17百万円(前年同期は営業損失20億17百万円)。同社グループが運営するIR施設「オカダ・マニラ」の業績は、フィリピン経済の回復とともに堅調に推移した。また5月に岡田和生氏とその指示を受けたグループがオカダ・マニラの施設内に侵入し、施設及び運営を奪取した状態が続いていたが、9月2日に施設及び運営の管理権を奪還している。

メディアコンテンツ事業などその他事業の売上高は4億11百万円(前年同期比8.3%減)、営業損失28百万円(前年同期は営業利益72百万円)となった。

通期の連結業績予想は、売上高1,390億円(前期比53.7%増)、営業利益110億円(同461.3%増)、経常利益190億円、純利益95億円。今期最終は黒字浮上する見通し。
ユニバーサルエンターテインメント_logo

-業界ニュース
-, ,

Copyright© 『遊技日本』 , 2022 All Rights Reserved.