パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

セガサミーHD 第2四半期決算 遊技機事業‐販売台数はすべて計画を上回り黒字転換

投稿日:

セガサミーホールディングス_logo

セガサミーホールディングスは10月31日、2023年3月期の第2四半期決算を発表。売上高1,500億95百万円(前年同期比11.3%増)、営業利益95億74百万円(同34.8%減)、経常利益123億円(同16.6%減)、純利益96億19百万円(同19.9%減)の増収減益だった。遊技機事業では、販売タイトルすべてが計画を上回る販売台数となり黒字転換したが、エンタテインメントコンテンツ事業が減益となったことが影響した。

遊技機事業の売上高は275億34百万円(前年同期比18.0%増)、経常利益は20億11百万円(前年同期は経常損失13億24百万円)。パチスロ機ではグループ初の6.5号機「パチスロ甲鉄城のカバネリ」(14,404台)や「パチスロペルソナ5」(9,639台)を中心に34,712台を販売(前年同期は31,184台)。パチンコ機では「Pモンスターハンターダブルクロス 連続狩猟ver.」(5,023台)など23,960台を販売(前年同期は23,118台)。販売タイトルの販売台数はすべて計画以上と、順調に推移した。Q3以降は、パチスロ6.5号機の投入を進めるなど、主力タイトルの投入を本格化させ、通期ではパチスロ機9タイトル84,000台、パチスロ機6タイトル114,000台を販売する見通し。

エンタテインメントコンテンツ事業の売上高は1,166億29百万円(前年同期比8.5%増)、経常利益は172億46百万円(同24.1%減)。コンシューマ分野ではフルゲーム1,014万本を販売(前年同期は1,404万本の販売)。F2Pでは「プロジェクトセカイ カラフルステージ!fea.初音ミク」が引き続き好調に推移した。

リゾート事業の売上高は56億49百万円(前年同期比47.4%増)、経常損失は23億92百万円(前年同期は経常損失39億55百万円)。「フェニックス・シーガイア・リゾート」の施設利用者数が感染拡大前の2020年3月期第2四半期を上回るなど、個人客を中心に引き続き需要の高さが見られた。海外では「パラダイスシティ」の2022年1月~6月のドロップ額(テーブルにおけるチップ購入額)が前年同期と比較して29.0%、カジノ来場者数は47.5%と低調に推移したしたが一方、2022年6月以降の渡航制限一部緩和を受け、2022年8月から9月にかけての日本人VIP客数及びドロップ額が急速に回復しており、今後も高い需要が見込まれるとしている。

通期の連結業績予想は、売上高3,750億円(前期比16.8%増)、営業利益400億円(同24.8%増)、経常利益400億円(同20.0%増)、純利益280億円(同24.4%減)と、前回公表値を据え置いた。

-業界ニュース
-, ,

Copyright© 『遊技日本』 , 2023 All Rights Reserved.