パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

セガサミーHD 第1四半期決算、遊技機販売は想定通り堅調に推移

投稿日:

セガサミーホールディングス_logo

セガサミーホールディングスは8月4日、2023年3月期の第1四半期決算を公表。それによると売上高は前年同期比11.2%増の661億18百万円、営業利益27億77百万円(前年同期比27.8%減)、経常利益42億55百万円(同22.1%増)、純利益31億58百万円(同7.4%増)。エンタテインメントコンテンツ事業のリピート販売が想定をやや下回ったものの、遊技機の販売は想定通りとなるなど、全体では堅調に推移した。なお、為替差益を15億円計上したことから経常利益が膨らんでいる

遊技機事業の売上高は105億57百万円(前年同期比1.9%増)、経常利益は6億46百万円(前年同期は経常損失14億94百万円)。パチスロ機では「パチスロこの素晴らしい世界に祝福を!」(3,293台)、「ぱちすろ けものフレンズ」(2,483台)などを中心に8,724台を販売(前年同期は9,554台)。パチンコ機では「P頭文字D」など14,018台を販売(前年同期は15,038台)した。第2四半期以降、6.5号機の投入を進めていく。また、11月からはスマートパチスロ、2023年4月からはスマートパチンコが導入される予定。同グループも規制見直しに対応した機種を積極的に投入していく。通期計画ではパチスロ機9タイトル84,000台、パチスロ機6タイトル114,000台を販売する見通し。

エンタテインメントコンテンツ事業の売上高は527億78百万円(前年同期比11.3%増)、経常利益は81億42百万円(同4.6%減)。コンシューマ分野ではフルゲーム514万本を販売(前年同期は658万本)。F2Pでは「プロジェクトセカイ カラフルステージ!fea.初音ミク」が引き続き好調に推移した。

リゾート事業の売上高は26億49百万円(前年同期比70.9%増)、経常損失は11億68百万円(前年同期は経常損失19億59百万円)。「フェニックス・シーガイア・リゾート」の施設利用者数が感染拡大前の2020年3月期第1四半期を上回るなど、個人客を中心に需要の高さが見られた。海外では「パラダイスシティ」の2022年1月~3月のドロップ額(テーブルにおけるチップ購入額)が2020年1~3月と比較して16%、カジノ来場者数は31.8%にとどまり、引き続き低調に推移した。

通期の連結業績予想は売上高3,750億円(前期比16.8%増)、営業利益400億円(同24.8%増)、経常利益400億円(同20.0%増)、純利益280億円(同24.4%減)と、前回公表値を据え置いた。

-業界ニュース
-, ,

Copyright© 『遊技日本』 , 2022 All Rights Reserved.