パチンコ、パチスロ業界ニュース

コマレオ、民事再生法を申請

投稿日:

ガソリンスタンドを主力に、パチンコホール「サンシャイン福島」などを運営する㈱コマレオ(後藤秋信代表取締役)は12月14日、自社ホームページ上で民事再生法の適用を山形地裁へ申請したことを公表した。負債額は約40億2,700万円。

複数の信用調査機関によると、同社は1956年に創業。「コマレオ」の店舗名でホームセンターを展開し、積極的に事業を拡大。さらに、パチンコホール、ガソリンスタンド、酒類ディスカウントストア、飲食店など経営の多角化を展開。

1995年 には福島県福島市にパチンコ、物販、飲食店ほかの各種サービスを行う総合アミューズメント店舗「コマレオプラザ」を建設して注目され、1996年2月期には売上高約153億8014万円を計上していた。

ただし、市況の変化や同業者との競合激化から物販部門が振るわず、約20億円を投じて建設した「コマレオプラザ」をはじめ各店舗での採算が悪化。ここ数年は赤字決算が続くとともに、過年の投資負担が回収できない状況となっていた。

-業界ニュース
-

Copyright© 『遊技日本』 , 2019 All Rights Reserved.