パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

セガサミー 2021年3月期第1四半期決算は大幅な減収、損失計上

投稿日:2020年8月5日 更新日:

セガサミーホールディングスは8月5日、2021年3月期の第1四半期決算短信を公表した。売上高は前年同期比33.5%減の482億82百万円、営業損失38億51百万円(前年同期は営業利益34億9百万円)、経常損失40億99百万円(前年同期は経常利益23億72百万円)。新型コロナウイルス感染症の影響により、コンシューマ分野では巣ごもり消費の傾向が高まり、ダウンロード販売の増加が進んだことから前年同期比で減収増益となった一方、遊技機事業、AM機器・施設、リゾート事業では減収、損失計上となり、連結では大幅な減収、損失計上となった。

遊技機事業では、パチンコ機、パチスロ機ともに新作タイトルの販売を延期したことから、販売台数はパチスロ機485台(前年同期は17,930台)、パチンコ機177台(前年同期は16,212台)で、売上高27億19百万円(前年同期比84.4%)、経常損失85億32百万円(前年同期は経常利益9億94百万円)となり、前年同期比で減収、損失を計上している。

また、同社は2020年3月期決算短信で未定としていた通期連結業績予想を公表。これによると、遊技機事業では、パチスロ機8タイトル52千台(前期123千台)、パチンコ機5タイトル71千台(前期104千台)の販売を計画し、経常損失の計上を予想しているほか、リゾート事業でも経常損失の計上を予想しており、2021年3月期の連結業績を売上高2,770億円、営業損失150億円、経常損失200億円と予想している。

-業界ニュース
-,

Copyright© 『遊技日本』 , 2020 All Rights Reserved.