パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

高尾が一般試打会!新台「Pクイーンズブレイド3」を広くアピール

投稿日:

高尾は10月19日、都内台東区の東京ショールームにて、新台「Pクイーンズブレイド3」の全国導入に先駆け、一般ファン向けに「聖なる試打会」を開催した。

試打会は3部制で実施し、会場にはコスプレイヤー兼パチンコライターとして活躍中の「工藤らぎ」さんがメイド姿で来場。本機のスペックやゲームフローに加え、「聖なるポーズ」など機種の特徴を解説し、工藤さんのサイン色紙が当たるじゃんけん大会も開かれた。撮影会では、メイド姿の工藤さんと嬉しそうにポーズを決めるファンの姿があり、パチンコファンのみならず工藤さんファンも大勢集まるなど、会場は盛り上がりを見せていた。


同社は、本年5月18日に行われた連れパチ企画「上野パチンコラリー」でもショールームを開放しており、今回も2名以上で参加したファンには「キレパンダ群ステッカー」をプレゼントするなど、継続的に連れパチを推奨している。上野パチンコラリーにも来たことがあるという連れパチ参加者からは、「Twitterで試打会があることを知った。元々クイーンズブレイドが大好きで、パチンコも普段よく打つ。今回はミドルだけれどマイルドなライトタイプが出たら嬉しい。またこのようなイベントがあれば是非遊びに来たい」と嬉しい声も聞かれた。

当日は、パチンコメーカーの豊丸産業も同地区で「P華牌R~猿渡翔がローズテイルにやってきた~」の一般試打会を開いており、高尾のショールームを訪れたファンが豊丸産業の新台も打ちに行くなど上野パチンコ村を回遊する姿が見られた。

 

■クイーンズブレイドシリーズの正統後継機が登場/高尾
高尾は8月26日、都内台東区のショールームにてパチンコ新台「Pクイーンズブレイド3」のプレス発表会を開催した。

シリーズ第3弾となる本機は、これまでの美闘士に加え第3の物語となる「クイーンズブレイドグリムワール」も加わり、総勢47名の美闘士が参戦。SPリーチはQBシリーズ史上最大となる全44種類にも及ぶボリュームだ。さらに本機を代表する「聖なるポーズ」は全6系統69パターンとシリーズファンには嬉しい進化を遂げている。

スペックは低確率1/319.9、高確率1/49.8のV-ST機。ST突入率は50.5%(時短引き戻しも含めると約60.2%)、ST継続率は約86.8%の高継続仕様で、大当りまでの平均時間3分15秒と高速消化もウリとなっている。ST「SUPERクイーンズタイムα」は聖なるポーズ取得を目指すゲーム性で、消化中は聖なるボタン停止で大チャンス。成功時は役物完成でポーズを取得し、2~10R確変のランクアップ式「聖なるBONUS」となる。その他、エピソードリーチ、VSリーチ、ストーリーリーチ等を経由した大当りは図柄揃いとなり、安定して7Rを獲得出来る事が可能だ。また、同社新内規第一弾となるヘソ賞球が3個となっている点も注目となっている。

本機の導入は10月下旬を予定している。

©HobbyJAPAN/QBグリムワール・パートナーズ

-新台, 業界ニュース
-, , , ,

Copyright© 『遊技日本』 , 2019 All Rights Reserved.