パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

税制と労基法改正についてセミナー

投稿日:

アミュゼクスアライアンス(田守順代表世話人)は3月29日、都内港区の三田NNホールでセミナーを開催した。

第1部では、上総税理士法人の半谷英治代表社員が平成30年度の税制改正(案)でパチンコ業界にも関係する点の解説とその対策について講義した。まず同氏は今回の税制改正(案)について「改正案が通ると平成32年からの適用となる。目玉は給与所得控除と、公的年金控除と基礎控除の3つの見直しだけ」とし、給与所得控除と公的年金控除はそれぞれ10万円下がる一方で、基礎控除は10万円上がると解説。その結果、ほとんどの個人の所得課税は変わらないという。

ただ高額所得者は若干事情が異なり、具体的には合計所得が2,400万円を超えると段階的に基礎控除額が減額し、2,500万円を超えた時点で基礎控除額がなくなるという。そのため「高額所得者は実質的に増税となる。企業のオーナーなどは役員報酬の計画を考慮したほうが良いかもしれない」とアドバイスした。

第2部では、人事コンサル星事務所の星昌宏所長が70年ぶりの労働基準法大改正で「働き方改革」が加速したことを受けて、労働基準法の改正ポイントや「働き方改革」の概要を解説した。

上総税理士法人の半谷英治代表社員

人事コンサル星事務所の星昌宏所長

-業界ニュース
-,

Copyright© 『遊技日本』 , 2019 All Rights Reserved.