パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

約460名が来場したなか、安心娯楽宣言――業界14団体

投稿日:

業界14団体共催によるパチンコ・パチスロ産業賀詞交歓会が1月27日、都内港区の第一ホテル東京で開催された。

当日は約460人の業界関係者が来場。冒頭、全日遊連の阿部恭久理事長、日工組の金沢全求理事長、日電協の里見治理事長が、それぞれ挨拶した。この中で全日遊連の阿部理事長は「今、あらゆる産業が国民から存在意義を問われる時代。国民にとって我々の業界はどうあるべきか、今こそ根本的に娯楽の在るべき姿を見直すときだ。今までの業界目線を改め、国民の視点にたって、あらゆる問題を解決していかなければならない。そのためには、ホールだけで努力しても、メーカーだけで努力しても意味はなく、業界全体でまとまった取り組みを行わなければ、国民からパチンコは変わったと感じて頂けない。現在、他団体との友好的な機運はかつてないほど高まってきている。この流れを続け、今年が業界にとって輝かしい年になるようご協力、ご支援を重ねてお願いする」と述べ、団体間の一致協力のもと、国民に認められる業界作りを呼びかけた。

また、当日は警察庁からも生活安全局保安課の小柳誠二課長、大門雅弘課長補佐が来賓として出席。小柳課長は「本日ご出席の14団体の皆様が風営適正化法の趣旨を理解し、安く安心して遊技を楽しむことができる環境の整備を始めとして、パチンコが健全になるための取り組みを業界一体となって一層推進されることを期待するとともに、私どもとしては、違法に対して取り締まりを始めとする厳しい対応をせざるを得ないが、パチンコが健全になるための施策を皆様の自主的な活動を踏まえつつ、引き続き推進していきたい」と、業界のより一層の健全化に期待を寄せた。

このあと、パチンコ・パチスロ産業21世紀会からの報告として、安心娯楽宣言の内容が紹介された。同宣言では「パチンコ(パチスロ)遊技が身近で手軽な大衆娯楽であるという原点を確認、共有し、多くの国民に愛される産業として健全な発展を遂げること」を目的として、①ファンの多様なニーズに応えられる遊技の創設と遊技機の開発推進、新たなファン獲得のための諸活動を実施、②のめり込み防止対策、置引き防止などの防犯対策を通じ、お客様が安心できる遊技環境のご提供に重点的に取り組む、の施策を行うとしている。説明を行った全日遊連の阿部理事長は、②の具体策としてのめり込み防止対策、置引き防止対策、使用済遊技機の適正処理の③点を挙げ、それぞれの細かな実行施策の内容を紹介した。

-業界ニュース

Copyright© 『遊技日本』 , 2021 All Rights Reserved.