パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

【8/8パチスロ新台導入】パチスロ 新鬼武者2/蒼剣Wループシステム搭載

投稿日:

パチスロ新鬼武者2_筐体

©CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED

エンターライズのパチスロ新台「パチスロ 新鬼武者2」(型式名:S新鬼武者2ZC)の全国ホールへの導入が8月8日より開始された。

本機はMAX89%継続を誇るAT「蒼剣RUSH」と、MAX80%継続の「蒼剣BONUS」がWループする「蒼剣Wループシステム」が特徴。

通常時は主にCZ「バッサリZONE」からAT当選を目指すゲーム性で、CZ突入率は約1/123、CZによるAT期待度は33%OVERだ。4GのSTで、小役を引くことでG数リセットとアイコン(AT期待度)を進行させていき、「バッサリZONE」終了時のアイコン内容でAT抽選を行う。なお、この際に鬼モードへ移行する可能性があり、百鬼モードであればAT当選期待度40%OVER、また、AT確定となる千鬼モード、覚醒モードも搭載した。

ATは純増2.0枚の「蒼剣RUSH」と純増4.0枚のボーナスを行き来するが、「蒼剣RUSH」ではゲーム数上乗せ抽選も行われ、直乗せと玉乗せの2種類が存在する。玉乗せは残りゲーム数が「0」になった時に「鬼武侠」で告知される他、玉乗せも無く残りゲーム数が「0」になると幻魔京バトルとなり、バトル勝利でAT継続となる。また、ボーナス後は必ずリーチ目高確突入となるため、ボーナスの連続で出玉が加速する点も魅力となっている。

-新台
-, , ,

Copyright© 『遊技日本』 , 2022 All Rights Reserved.