パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

全設定の機械割が104%!/Sオリスロ3AA

投稿日:

左から畑雅樹取締役本部長、相馬大吾代表取締役、太田光宏パチンコ営業部部長

ジェイピーエスは1月14日、都内台東区パークサイド 不忍の間にてパチスロ新台「Sオリスロ3AA」のプレス説明会を開催した。

■基本スペック
・BB確率 設定⑤1/172~⑥1/218
・RB確率 設定⑤1/437~⑥1/218
・合成確率 設定⑤1/124~⑥1/109
・出玉率 設定⑤104%~⑥104%

本機は同社とアプリイネットワーク、ひぐちグループ、延田グループの4社による合同プロジェクトによって誕生した機械(延田グループはパネルのみの参加)。

発表会では主催挨拶として㈱ジェイピーエスの相馬大吾代表取締役、㈱アプリイの畑雅樹取締役本部長、ひぐちグループの太田光宏パチンコ営業部部長がそれぞれ登壇し、本機のコンセプトやプロジェクト参加に至るまでの経緯を語った。

アプリイネットワークは静岡県内に11店舗展開し、アミューズメント事業以外にも、飲食事業、介護事業、近年ではEスポーツ事業等、様々な活動を行っている。同社の機械「HYPER UPYELL(ハイパーアピエル)」は“人々の元気を応援する”をコンセプトに生まれたキャラクターで、大当たり中に流れる楽曲は同社のCM曲を盛り込んだ。

ひぐちグループは昭和25年に創業し今年70周年を迎える。パチンコ事業は長崎を拠点に九州で25店舗展開(屋号名は「まるみつ」)。同社の機械「スロまる」はパネルが間に合わなかったこともあり、同会には展示されなかったが、同社で展開していたパチスロのキャラクターを復活させたデザインとなっている。

発表された機械は全てボーナスのみで出玉を増やすノーマルAタイプで、設定5と設定6の2段階設定となる。どちらの設定でも出玉率は104%(ベルとチェリーを全て取った場合)と高い設計が特徴で、いつでもだれでも楽しめる仕様だ。また、ボーナス確率は設定5だとBB偏重、設定6だとBBとRBの割合が一定となるため、出玉率は同じでも出玉の波が変わる仕様と言える。

演出面はボーナス告知ランプによる単純明快なゲーム性に加え、スタート音が2回なればチャンスとなる。またプレミアム告知も搭載し、パターンは全80種類にも及ぶ。

左から「DIAMOND」、「パチスロ123」、「HYPER UPYELL」

 

■静岡限定 パチスロ新台「パチスロ HYPER APYELL」のPVが公開/JPS

ジェイピーエスは、新台「パチスロ HYPER APYELL(ハイパーアピエル)」のプロモーションムービーを公開した。

本機は、「アプリイ」の屋号でパチンコホールを展開するアプリイ・ネットワークと共同開発したPB機で、オリスロ3シリーズのトップバッターとして登場。全設定機械割104%(フル攻略時)が特徴のAタイプで、アプリイコマーシャルソング等、多彩な演出が盛り込まれている。

静岡県限定で1月にアプリイにて導入が開始予定。

・PVはこちら(外部サイト)

-新台
-, , , , ,

Copyright© 『遊技日本』 , 2020 All Rights Reserved.