パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

【寄稿】病的賭博の入り口にて(WEB版)/大﨑一万発

投稿日:2022年1月31日 更新日:

なんでパチンコやるかって、当たり前ですが「好き」だから、そして「楽しいから」に他なりません。もちろんパチンコは不要不急の娯楽であり趣味のいちジャンルですからそれ以外に理由を求める意味などなく、もちろん僕だって好きで楽しいから(時々で波はあっても)これまでバカみたいに打ち続けてきたわけです。が、胸に手を当て自分が今なんでパチンコ好きでどうして楽しいかを改めて考えてみると、あれ、なんでかな、どうしてだっけと、我が事ながら答えに詰まってしまうのも事実なんですよね。

正直なところ、僕にとってパチンコが楽しいかと言えば、いやそうでもないかなってのが現在の感覚です。ろくに回りもせん台に座って、緑保留止まりの弱リーチを繰り返し見せられて、ひたすら「修行」に耐える通常ゲーム。2時間ハマれば3万円が溶けるわけで、そしてそんな不運は珍しくもないわけで、なんぼドM性癖だからって、こんなん楽しいはずもありません。収支にしたって軽く誇れるレベルの金額を毎年貢いでますから、儲かる儲けたいがモチベーションでもない。えーじゃあどうして打つんだろ、ってそれは……、連チャンが刺さった時の高揚感、ドル箱が積み上がる達成感、羨望とやっかみを一身に受ける恍惚感、すなわち気持ちがいいから!自身が放出する脳汁への渇望がパチ屋へ足を向けさせるエンジンだってことなんです。

楽しいと気持ちいい。深く考えず特に区別もせず使ってきた言葉ですが、パチンコに当てはめ突き詰めると大きく意味合いは異なります。遊技そのものが楽しいからじゃなくて、脳内麻薬が気持ちいい、ラリりたい。その触媒としてパチンコがあるに過ぎない。はっきり言えばパチンコである必要もないんだけれど、パチンコがなければ達することのできなかった境地だし、手軽にいつでもどこでも遊べるからパチンコを選んでしまう。幸いにも僕はリテラシーと資金に恵まれているから表面化しないだけで、内面を見れば完全な病的賭博のそれ。パチンコなんかあるからギャンブル依存に苦しむ人が生まれるんだとのパチンコアンチ、ゼロリスク論者の主張も一部理解できなくもないと思ったりします。

次のページへ >

-コラム
-, ,

Copyright© 『遊技日本』 , 2022 All Rights Reserved.