パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

【コラム】シゲキ的注目の新台「P一騎当千SS斬 孫策Ver.」/青山シゲキ

投稿日:2019年12月18日 更新日:

どもども、師走ということで仕事に追われ、パチンコが打てずにストレスMAXのシゲキです。そんな中でも年末年始を控えた12月中旬は注目機種が満載。大ヒットした頃の良さを感じさせる『エヴァ14』や、前作を大きく上回るデキの『バジリスク2』、そして恐怖の爆発台『貞子VS伽椰子』あたりに人気が出そうで、いずれも予定販売台数は万台オーバー!本来ならこれら3つの中から紹介すべきなのでしょうが、ここはシゲキ的機種を扱うコーナー。ということで今回は餃子っていうか『綱取物語』の役モノに懐かしの『ホー助』をのっけた『Pホー助くん』か、高尾得意の美少女シリーズ最新作『一騎当千SS斬 孫策Ver.』の2択かな?一応、担当者にお伺いを立てたところ「販売予定台数は?」と聞かれたので、前者が約2500台で、後者が約6000台と答えたところ『一騎当千SS斬』に決定~!

■基本スペック
・大当たり確率 1/319.6~1/46.0
・RUSH突入率 100%
・電サポ 31or51or100回転
・RUSH継続率 約54or70or90%
・払い出し出玉 560or1260or1400個

本機のスペックは一見するとSTタイプのようですが、実は1種2種複合機。大当たり後は必ずRUSHに突入する点が魅力で、2連目以降のトータル継続率は約80%!しかも電サポ中の大当りは9R濃厚なので、一撃の爆発力はかなりのもの。さすが爆NEWスペックをウリにした台の最新作といったトコロかな。…。……。………ちなみに、この「爆NEWスペック」という表現をそのまま通しちゃう高尾の社風が個人的には好き。きっと大の大人たちが営業会議で「巨NEWにすべき」、「いや凄NEWだ」、「個人的には貧NEWが好きだ」ってな感じで熱い討論を交わしたのかなぁ…なんてコトを想像すると微笑ましい限りですね。


・プラチナゼブラ柄…複数の場面で出現する可能性がある、シリーズおなじみの最強柄!
・突コスカットイン予告…リーチ中にコスプレ姿の美闘士がカットイン。そのパターンは12種類超!
・桃園結義予告…美麗3DCGで展開されるおなじみの大チャンス予告!
・孫策降臨予告…今作の主人公である孫策が降臨する。期待度も胸もデカい!

そして演出面は高尾らしさが満開!予告は上に乗せた四大S級演出がキモで、孫策降臨予告なら赤壁の戦いリーチ発展濃厚&信頼度約45%、それ以外の3つは発生した時点で60%超の激アツ信頼度を誇ります。


・闘士決戦リーチ…初当りに絡む割合の高い重要演出で、味方が孫策or敵が弁慶だとチャンスパターン!
・赤壁の戦いリーチ…孫策降臨予告経由で突入。終盤に金カットインを伴えば信頼度は80%超に!
・ストーリーリーチ…ストーリーは全5種類あり、最も期待できるのは「関羽奪回」で信頼度約76%!
・趙雲リーチ…無音のブラックアウト経由で突入。趙雲が敵を斬り裂く最強リーチだ!

リーチは初当たりの大半が上に掲載した4つの演出から発生。中でも闘士決戦リーチは平均信頼度こそ約9.2%と低いですが、対戦パターンによって期待度が変わる上(下表参照)、美麗CGを用いた美闘士たちの胸躍る熱戦は超多彩!RUSH中もそうですが、実に奥の深いバトルが楽しめます。

さて、というわけで今年のコラムは終了。クビになっていなければ、また来年もよろしくお願い致しますm(_ _)

■プロフィール
青山シゲキ
1991年、高校卒業後にパチンコにハマり、5年間のパチプロ生活を経て某パチンコ雑誌編集者へ。編集長として数百冊のパチンコ攻略誌を世に出す傍ら、パチンコ番組や漫画の監修、情報屋、新台コンサル、パチ台専門カメラマンなどなど、パチンコ業界の何でも屋として活躍中。現在47歳。

©2014塩崎雄二・少年画報社/一騎当千EEパートナーズ
※掲載数値は編集部の独自調査によります。

-コラム
-, , ,

Copyright© 『遊技日本』 , 2020 All Rights Reserved.