パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

藤商事 22年3月期決算は増収減益「Pとある科学の超電磁砲」ヒットで販売台数増加するも部材高騰が利益面に影響

投稿日:

藤商事は5月13日、2022年3月期の決算を発表した。売上高は前期比9.9%増の296億06百万円、営業損失6億98百万円(前期は営業利益3億83百万円)、経常損失5億99百万円(同経常利益4億86百万円)、純損失17億83百万円(同純利益1億22百万円)の増収減益となった。

パチンコ関連市場では、シリーズ第2弾として市場投入した「Pとある科学の超電磁砲」が、前作に続き2万台を超えるヒットタイトルとなり、販売台数が増加したことから、売上高は前連結会計年度を上回ったが、利益面については、部材供給不足の対応などによる一時的な部材高騰の影響を受け大幅に原価が上昇した。

パチンコ機の販売台数は7万9千台(前期比12.8%増)、売上高は285億97百万円(同6.2%増)。新規タイトルとして上半期に「P地獄少女 きくりのお祭りLIVE」、「P真・暴れん坊将軍 双撃」を市場投入した。下半期には「P地獄少女 華」、「Pとある科学の超電磁砲」、「Pどないやねん」、「Pアレジン プレミアム」を市場投入した。

パチスロ機は「Sリング 運命の秒刻」を市場投入し、販売台数3千台、売上高10億9百万円となった。

2023年3月期の連結業績予想については、売上高300億円(前期比1.3%増)、営業利益15億円、経常利益15億円、純利益12億円を見込んでいる。
藤商事_logo

-業界ニュース
-, ,

Copyright© 『遊技日本』 , 2022 All Rights Reserved.