パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

アサヒディードがマスク着用でも笑顔に見える「戦略的アイメイク」研修

投稿日:

大阪エリアを中心にパチンコホール「イル・サローネ」などを運営するアサヒディードは11月18日、株式会社ママココ(中島三栄子代表取締役)主催による女性社員のメイク研修「コロナ禍におけるお客様とのコミュニケーションを円滑にする戦略メイク~アイメイク編~」を実施。コロナ禍で過度な接触を避けなければいけない中、サービスの質を落とさないため、「第一印象」の向上を目指し、マスク着用でも笑顔に見える「戦略的アイメイク」のコツとポイントを学んだ。

研修では講師が、

①鏡を見てマスクでの「笑顔」の観察:マスクを着けていなければ伝わる表情も、マスクを着用することで受け取り側の印象は違って見えることもある。実際に自分の表情を鏡で観察し、その変化に気づく。
②笑顔のマスクメイクのポイントは2つ:「目は口ほどにモノを言う」という言葉にもある通り目元は非常に大切。清潔感と3割増しの表情を意識してメイクする。
③清潔感のあるアイメイク6つのテクニック(実践):1.手順の確認⇒2.ビューラーの角度⇒3.笑ってからアイライン⇒4.アイシャドウは2色⇒5.眉とのバランスが肝⇒6.まつ毛は矢印

など、メイクによって自身も周りにも良い影響を与える事が出来ると説明。女性社員の顔や特徴に合わせたアイメイクを一人ずつ丁寧に指導した。

研修を終えて講師からは、「メイクはコミュニケーションです。気持ちの良いメイクをするというマナーは、相手への敬意であり、思いやりでもあります。ぜひ、ご自身の心も楽しくなるメイクを続けてください」とアドバイスがあった。また、受講者からは、「印象の良い目元の作り方が学べた。今まで誰かに教わることがなかったので研修で学び綺麗な眉毛を書く事が出来た。明日からも練習します」、「女性はメイク一つで印象が変わる事を知った、表情は普段から言われることが多いがメイクを指摘される機会は少ない、メイクで表情を変えて接客に自信が持てそう」、「仕事用とプライベートでメイクを変えるという発想がなかったので、仕事の時は研修で学んだメイクを意識したい」、「アイメイクでこんなにも表情が変わることを知った、自分で上手く練習して後輩にも伝えていきたい」など、今回のメイク研修で学んだことをすぐに実践したいとの言葉が聞かれた。

-業界ニュース
-

Copyright© 『遊技日本』 , 2021 All Rights Reserved.