パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

第15代青年部会長に段周精氏――大阪府遊連青年部会

投稿日:2015年6月9日 更新日:

大阪府遊連青年部会(段周精部会長)は6月5日、大阪市天王寺区のシェラトン都ホテル大阪にて第28回定時総会を開催。総会は部会員総数46名中、委任状出席を含め39名の出席により成立した。

冒頭、本総会をもって部会長を退いた光本浩三前部会長が登壇。2年間の部会長としての活動を振り返るとともに、組合運営への協力に対し部会員へ感謝の言葉を述べ、今後は部会員の育成と業界の活性化に努めていくとした。続いて登壇した大阪府遊協の平川容志理事長は「全国青年部会との交流をはじめ、関係団体とも連携して10年先、20年先を見据えた幅広い活動を実施して頂きたい」と激励の言葉を述べた。

来賓祝辞では、大阪府警察本部保安課の中西晋管理官が登壇。府下の犯罪情勢について話したほか、ぱちんこ営業ついては、児童の車内放置事故防止、営業所内における置引き対策の徹底、遊技機の不正改造の絶無、適切な賞品提供の徹底、広告宣伝の規制の5点について言及。その内、広告宣伝の規制について「計数機の横でレシートを渡す際に、出玉イベントを示唆するなど、店内や目立ちにくいウェブサイト・ブログ等で隠語を用いて出玉イベントを駆使する営業所が散見される。引き続き業界の自浄機能を発揮して頂きたい」と、広告宣伝規制の適正な運用を改めて要請した。

議案審議では、上程された議案は全て滞りなく可決承認された。また、本総会では任期満了に伴う役員改選が行われ、段周精氏が第15代新部会長に就任した。段新部会長は就任の挨拶で「若手経営者が集まる青年部らしい自由で創造的な企画を考えるとともに積極的に行動する青年部会を目指したい」と今後の豊富を語った。

総会終了後に催された記念講演では、リーダーシップコンサルティングの岩田松雄代表が「ミッション経営 企業の原点に戻る」をテーマに講演を行った。

-業界ニュース
-

Copyright© 『遊技日本』 , 2021 All Rights Reserved.