パチンコ・パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

新ブランド「WORLD」第1弾は「パチスロハクション大魔王」

更新日:

国内外の版権取得や提供、遊技機の販売などを手掛けるインテグレート㈱(近藤克哉代表取締役)は7月4日、都内港区の東京プリンスホテルでパチスロ新ブランド「WORLD(ワールド)」の立ち上げと、新ブランド第1弾となる「パチスロハクション大魔王」(JPS製)を発表した。

発表会で新ブランドについて同社の近藤克哉代表取締役は「WORLDは企業名ではなく製品ブランド。例えばトヨタ自動車でいうレクサスのようなものとご理解頂ければと思う。またWORLDは特定の製造メーカーに縛られないブランドで、今後リリースしていく機械は今回発表するメーカーとは異なる可能性もある」と説明。WORLDブランドによるパチスロ機の開発には、複数の関連企業が参加し、各企業、役割を分担した上で製品化していくようだ。また販売は総発売元をインテグレート㈱が担い、現時点で全国40社の代理店のほか、パートナー販社300社による販売網を築き上げている。

新ブランド第1弾となる「パチスロハクション大魔王」は、ボーナス主体のA+RT機。1,500通り以上のリーチ目が楽しめるほか、BB後には技術介入要素を盛り込んだ最大40GのRT「ハクションタイム」を搭載し、ボーナスの連続発生による出玉の塊に期待できるゲーム性となっている。

特徴はKMK(カンタンメオシキノウ)の搭載で、これはプレイヤーの目押し技術に合わせた楽しみ方ができる仕組みのことだ。本機の場合、BB終了後のRT突入の際、目押しの成否によって継続ゲーム数が20Gか40Gに決定する。この際、目押しに自信のあるプレイヤーはビタ押しにチャレンジでき、ビタ押し成功で40GのRTが獲得可能。目押しに自信のないプレイヤーは、簡単に目押しできる箇所を狙う形で、50%の確率で40GのRTが獲得できる仕組みとなっている。

ボーナスはBB(獲得311枚)とRB(獲得104枚)の2種類。設定は2、5、6の3段階で、ボーナス合成確率は1/183.5(設定2)~1/141.8(設定6)。完全攻略時の出玉率が、最低設定の2でも約101.1%と高く設計されている点が特徴だ。導入開始は9月3日より。

インテグレート㈱の近藤克哉代表取締役

-PICK UP, 新台, 業界ニュース
-,

Copyright© 『遊技日本』 , 2018 All Rights Reserved.