パチンコ、パチスロ業界ニュース

純増3.5枚のAT機に神化継承/パチスロ黄門ちゃまV 女神盛-MEGAMORI-

更新日:

オリンピアは2月20日、都内台東区のショールームにて、パチスロ新台「黄門ちゃまV 女神盛-MEGAMORI-」のプレス発表会を開催。本機の導入開始は4月22日を予定している。

シリーズ最新作となる本機は6号機のATタイプで登場。中でも2015年に登場し人気を博した「パチスロ黄門ちゃま 喝」から“神化継承”した点が本機のポイントとなる。

お馴染みの「選択式上乗せ特化ゾーン」を今作でも搭載し、初当り時は必ず「女神盛ジャッジメント」(選択式上乗せ特化ゾーン)からスタート。堅実の「慈愛」、勝負の「溺愛」から自身で抽選比率を選択し、上乗せG数を獲得する流れとなるが、今作ではシリーズ最高の家康当選率を実現しており、初当り時の50%(溺愛選択時)で家康再臨RETURNS(100G保障)に当選する。

また「310Wカウンター」が「310WカウンターEX」として復活。新たなゲーム性として、“分母が310より少ない場合がある”“片方の箱MAXから両箱MAXが狙える”といった要素を追加。加えて、ゲーム数カウンターや新要素「310TV」など通常時から多彩なゲーム性が搭載されている。

AT「水戸ゴールデンゲート」は純増約3.5枚とパワーアップ。AT中のチャンスゾーンから「女神盛ジャッジメント」に当選する可能性があるほか、AT引き戻し抽選や、1セット20Gでループ率80%OVERとなる上位AT「テンプテーションゲーム」等で出玉増加を目指す仕様だ。

©C.A.L/2019

-展示会
-, ,

Copyright© 『遊技日本』 , 2019 All Rights Reserved.