パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

【5/9パチスロ新台導入】SLOT STEINS;GATE/魔眼システムで原作の世界観を再現

投稿日:

SLOT STEINS;GATE_筐体

©2009-2020 MAGES./5pb./Nitroplus 協力:未来ガジェット研究所
©UNIVERSAL ENTERTAINMENT

メーシーのパチスロ新台「SLOT STEINS;GATE」(型式名:S/STEINS;GATE/TG)の全国ホールへの導入が5月9日より開始された。

本機は通常時やCZ時、AT中でも“演出が失敗した際に、期待値以上でやり直せる”「魔眼(リーディング・シュタイナー)システム」を搭載している点が特徴だ。

CZ「イベントホライゾン」は最初の9G間に小役揃いで懐中時計を貯め、PUSH権利を獲得していく。そして、10G目にPUSHボタンを押して発展演出の昇格を狙う。なお、懐中時計1個につき1回のPUSHとなり、1回あたりの昇格率は約40%となる。演出成功時はボーナス(初当たり)となり、ボーナス期待度はトータルで約40%だ。

ボーナスの純増は約5.0枚。「運命創始のボーナス」であれば20G継続し、終了後はボーナス高確率状態の「STEINS;ROAD」(SR)へ移行。継続ゲーム数は16G~32Gで、消化中は全役でボーナス抽選を行う。ボーナス(STEINS;BBα:40G、STEINS;RBα:10G)とSRをループさせるゲームフローの他、ボーナス高確率状態が「STEINS;GATE」へと昇格すれば、ボーナスとのループ率は86%となる。

-新台
-, , ,

Copyright© 『遊技日本』 , 2022 All Rights Reserved.