パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

【5/9パチンコ新台導入】Pフィーバーダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか/高突入・高継続・高報酬のハイミドルスペック

投稿日:

Pフィーバーダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか_筐体

©大森藤ノ・SBクリエイティブ/ダンまち2製作委員会

SANKYOのパチンコ新台「Pフィーバーダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」(型式名:PフィーバーダンまちF)の全国ホールへの導入が5月9日より開始された。

ライトノベルが原作で漫画、テレビアニメ、劇場版アニメなど幅広く展開する超人気コンテンツ、通称「ダンまち」がパチンコで初登場。スペックは大当たり確率1/319.7の確変ループタイプで、高突入・高継続・高報酬が特徴のSANKYOで実績のあるハイミドルスペックになっている。

通常時は大当たりからRUSH突入を目指すゲームフロー。通常時と右打ち時の確変割合は共に75%で、高めのRUSH突入率がポイントだ。初当たりが「HYPER眷属BONUS」なら漏れなく次回電サポのRUSHに突入、「冒険者BONUS」なら確変or通常の「GOLD RUSH」に突入する。

「GOLD RUSH」は内部的に低確率状態であれば時短100回(電サポ中の通常大当たりは時短120回)だが、高確率状態なら演出成功で「GOLD RUSH神∞BOOST」に昇格する。「GOLD RUSH神∞BOOST」は次回大当たりまで電サポが継続&高速消化となり、時短引き戻しを含めたRUSHのTOTAL継続率は約83%となっている。

-新台
-, ,

Copyright© 『遊技日本』 , 2022 All Rights Reserved.