パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

高純増機ながら規定ゲーム数を短縮して期待感を維持/主役は銭形3

投稿日:2021年10月6日 更新日:

平和は10月5日、パチスロ新台「主役は銭形3」(型式名:S銭形3H2)を発売すると発表した。「主役は銭形」シリーズとしては約7年ぶりの登場となる本機は、高純増機で規定ゲーム数管理型でありながら、規定ゲーム数を短縮するシステムを搭載したことで、常に期待感を持って遊技できる点が特徴だ。

■基本スペック
・CZ確率 設定①1/250.8~設定⑥1/227.4
・AT純増枚数 6枚/G

通常時は規定ゲーム数でCZ「デカ魂」の抽選を行うゲーム性となっており、本機ではその規定ゲーム数を短縮する「ゼニガ短縮」を搭載。ゼニガ短縮はレア役で抽選を行っており、当選時はゼニガ短縮アイコンを獲得。なおCZ当選時は主に前兆ステージの「ゼニガタイム」を経由して告知される。

CZはルパン一味を逮捕すべく、銭形が活躍する内容となっており、最大で3個のボーナスストックが獲得可能。1セットで1個のボーナス獲得抽選を行い、3回成功or3回失敗するまで継続する。なお、1個以上ボーナスを獲得する期待度は55%オーバーとなっている。

ボーナスは純増6枚で、獲得枚数が異なる3種類が存在。「REGULAR BONUS」は約100枚(BIG BONUSへの昇格の可能性あり)、「BIG BONUS」は約400枚、「FUJIKO BONUS」なら約711枚の獲得が見込める。なお複数ボーナスをストックしている際は、1G連でボーナスが放出される。

導入開始は12月6日を予定している。

主役は銭形3 筐体

©モンキー・パンチ/TMS・NTV

-新台
-, ,

Copyright© 『遊技日本』 , 2021 All Rights Reserved.