パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

どこから打っても100G位以内の当選率50%OVER!/パチスロ楽園追放

投稿日:

サミーは7月8日、新台「パチスロ楽園追放」(製造元:ロデオ、型式名:S 楽園追放 FS)を発売すると発表した。トップクリエイターが結集し制作された大人気劇場アニメが堂々のパチスロ化。本機は「プレイヤーファーストSPEC」と題して、「ベース約38G/50枚」×「軽い初当たり」×「絶妙な出玉設計」により誰もが楽しめる仕様で、どこから打っても100G位以内の当選率50%OVERとなっている点も魅力だ。

■基本スペック
・合算初当たり確率 設定①1/164.5~設定⑥1/111.1
・FS防衛線初当たり確率 設定①1/575.1~設定⑥1/310.0

AT純増は約4.0枚、超高密度AT「FS(フロンティアセッター)防衛線」はG数上乗せ&継続型で、初期ゲーム数は30G+α。己のヒキ次第で展開が劇変する新感覚ATとなっており、ゲーム数上乗せ、ゲーム数減算STOP、AT継続率UP、BIG BONUSといった多種多様な報酬獲得チャンスが約1/7と高密度で押し寄せる。

なお、通常時の合算初当たり確率は1/164.5(設定1)。CZ「Revolt DEVA」突入時は成功時にAT「FS防衛線」となり、成功期待度は約45%となる。疑似ボーナス当選時は約100枚の出玉の獲得と、CZorATへと突入する期待度が30%以上。ATの初当たり確率は1/575.1(設定1)で、AT平均獲得枚数は約540枚となっている。

演出面では全没入演出群(フルダイブシステム)によって、あらゆる演出がプレイヤーの心を掴む。

導入開始は9月上旬を予定している。

パチスロ楽園追放 筐体

©東映アニメーション・ニトロプラス/楽園追放ソサイエティ ©Sammy

 

■超高密度AT搭載、パチスロ新台「パチスロ楽園追放」発売、製品サイトが公開/サミー

パチスロ楽園追放

サミーは7月8日、パチスロ新台「パチスロ楽園追放」(製造元:ロデオ、型式名:S 楽園追放 FS)を発売すると発表。製品サイトを公開した。

アニメ「楽園追放」が、独自の出玉設計による”プレイヤーファーストSPEC”、約1/7でチャンスが押し寄せる”超高密度AT”、プレイヤーの心を掴む”全没入演出群(フルダイブシステム)”といった革新要素を備えたパチスロ機として登場する。

モチーフの「楽園追放」は、ニトロプラス×東映アニメーション原作、虚渕玄脚本(魔法少女まどか☆マギカ)、水島精二監督(機動戦士ガンダムOO)、京田知巳演出(交響詩篇エウレカセブン)、主演声優には、釘宮理恵、三木眞一郎、神谷浩史を起用するなど、トップクリエーターが結集し制作された大人気劇場アニメだ。

製品サイトでは、特徴、基本情報に加えて、スペシャルムービー、プロモーションムービーが公開中。

9月上旬よりホール導入開始予定。

▼「パチスロ楽園追放」製品サイト
https://www.sammy.co.jp/japanese/product/pachislot/rak_ts/

©東映アニメーション・ニトロプラス/楽園追放ソサイエティ ©Sammy

-新台
-, ,

Copyright© 『遊技日本』 , 2021 All Rights Reserved.