パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

パチンコ新台「Pビッグポップコーン」機種説明動画が公開/A-gon

投稿日:2020年3月10日 更新日:

A-gonはこのほど、パチンコ新台「Pビッグポップコーン」の機種説明動画を公開した。

動画では、遊技の一連の流れが詳しい説明とともに解説されており、ポップコーン役物内の特徴的なパチンコ玉の動きも見ることができる。

【「Pビッグポップコーン」機種説明動画】
URL:https://www.youtube.com/watch?v=zsHTZ9kLd4w

 

■斬新な役物が楽しいデジタル+アナログ機/Pビッグポップコーン

A-gonは3月9日、都内台東区のショールームにて、パチンコ新台「Pビッグポップコーン」の先行試打会を開催した。

■基本スペック
・大当たり確率 設定①1/318~設定⑥1/159
・賞球 1&6&15
・RUSH突入率 約50%(ヘソの小当たり経由)
・ラウンド 2Ror10R(上アタッカー8C・下アタッカー9C)
・出玉 約270個or約1223個
・時短 大当たり終了後に0回or4回

デジタル抽選とアナログの抽選を融合させた本機は、パチンコ玉をポップコーンに見立てた斬新なアナログ抽選と高継続のRUSHがウリ。

通常時は、ヘソ入賞の小当たり確率1/69でドット図柄が揃いアタッカーが開放し、アタッカーに入賞した玉で役物のV入賞を狙う流れ。また、揃うドット図柄によってアタッカー開放回数が異なる。“S揃い”なら14回、“B揃い”なら7回、“R揃い”なら2回のアタッカー開放となり、開放回数が多い程、入賞できる玉も多くなるので、その分V入賞のチャンスとなる。その他、ヘソでは大当たりの直撃抽選も行っている。

小当たり当選→アタッカーに入賞すれば本機のウリでもあるアナログ抽選「ポップコーンチャレンジ」がスタート。チャレンジ中は、V扉にあるV穴通過or制限時間(120秒)を耐え抜いてのV扉オープンでV入賞濃厚。また、チャレンジ中、玉が役物内のハズレ穴に流れても、再び役物内へ玉が復帰するリトライ機能が大幅にサポートしてくれる点もポイントだ。

RUSHは時短4回+残保留2個。役物V入賞の約50%か直撃大当たりの一部で突入する。RUSH中はドットの“S揃い”確率が大幅にアップし、基本的に毎変動「ポップコーンチャレンジ」が発生。V入賞は全て約1,223個の出玉+RUSHで、継続率は約83%となる。

-新台
-,

Copyright© 『遊技日本』 , 2020 All Rights Reserved.