パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

【寄稿】悪いことしていないのに(WEB版)/大﨑一万発

投稿日:2022年9月28日 更新日:

このところのパチンコハイスペック合戦に少々辟易しているまんぱつです。時速7万発だの84%継続だのオール1500だの、ハッキリ言ってもう飽きた。どんだけ煽られたところで期待感や高揚感など他人事、あーまた凄そうなの出るんだぐらいの感想でありまして、徐々に心が動かなくなりつつあります。

なんでかって、端的に言えば「当事者感覚からの乖離」です。そりゃ確かに出ればデカい、速い、ドヤれる。シマを見渡せばドル箱を抱えたお大尽が誰かしら必ず打っているし、SNSには奇跡のようなリザルト画面が連日アップされて挑戦意欲をそそります。しかしその幸運が、我が身にだけはちっとも舞い降りてくれない、のが問題なわけです(笑)。新機種が導入されるたび、次こそは!と打ち回るわけですが、待たされ過ぎて上がりきった期待感の中では、2、3万発ばかし出たところで納得できるものではない。ああ、また「この程度」か……。振り回されるのにほとほと疲れた挙句に、どんだけ魅力的な惹句を掲げた機種が登場しても、自分には関係ない……、と思えてきます。一種シラケの境地とも言える、完全によろしくない精神状態です。

こんな体たらくですから、実際、メチャクチャ負けてまして、現在「パチンコの負けで首が回らない」という立場上あっちゃいけない財務状況にも追い込まれています(こんなの沖スロに狂った以来20数年ぶりです)。もちろん僕も初心者ではありませんから、どんだけ酷い結果でも、その多くが「下振れ」であることは承知しています。自分の台選びや実戦時間から勘定すれば、どう悪く見積もっても月に10万円は負けない計算(平均すれば時間あたりのマイナス期待値が千円を超えていることはない)。が、荒いマシンをメインに打っているここ2年間、月間収支がマイナス30万を突き抜けたことは幾度あっても、上振れだけは頑として訪れてくれないんですよねぇ。月初20万の爆勝ちで、今月は行けるかも!なんてこともあったんですが、その後4日ですべて溶かした時は、心底神も仏もあったもんじゃないとブチ切れ通り越して悲しい気持ちになったものです。依存気味のユーザーが、オカルトや陰謀論に走りたくなる気持ちもよくわかる、というか僕自身が、もはや釘を見るよりデータランプで「当たりそうな台」を探している状態ですから、元パチプロも完全にヤキが回ったものです(笑)。

次のページへ >

-コラム
-, ,

Copyright© 『遊技日本』 , 2022 All Rights Reserved.