パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

【寄稿】6月のエッセイ(WEB版)/POKKA吉田

投稿日:2022年6月24日 更新日:

本稿掲載の本紙が発行されているのはまだ選挙が終わってない時期であろうか。業界の想い、私の想いが結果に反映されていることを望んでいる。が、結果は有権者の総意。好む好まざるにかかわらず尊重して受け入れなければならない絶対的なものだと思う。祈っております。

さて、たまにはちょっとエッセイを。

とにかく忙しい。今年は特に忙しい。というか、おそらく5月6月と、私の拙い半世紀ほどの人生の中で最も忙しい。気力は負けない自信はあれど、体力は限界を感じている。

20代の頃は1日ぐらい一睡もせずとも働けたし遊べた。私はシークエンスに入社する前にプータローの時期を半年くらい続けていたが、あまりに暇すぎて親のパソコンで大量の文章を書いていたことがある。親父がそのパソコンを処分しているのでその赤面原稿はなくなったが、一種の小説だ。純文学がけっこう好きだったので文豪気どりで書きなぐっていた。当時書き終わって達成感があって、数日して読み返してドン引きした記憶がある。まさかそんな自分がヒトサマに読んでもらう原稿を書いて生計を立てるようになるなんて夢にも思っていなかった。

暇すぎるとなかなか遊びに行く気にもならない。カネがあれば別だが、プータローにはカネがない。友人が競馬やぱちんこで大勝したらおごってくれたりお小遣いをくれたりしていた。そんなとき、原付で向かった先はほぼほぼぱちんこ屋さんであった。

そのとき、なんとなく感じたのは社会的不適合機自主撤去の波である。気が付けばエキサイトとかがなくなっていた。プータローだからしょっちゅうはぱちんこに行かない。友人のお小遣いで久しぶりに行けば、なにか店内の様子がおかしい。エキサイトもアレジンもダイナマイトもなんもない。ちょうどその頃がシークエンス入社直前のことである。

必勝ガイドとかでそういう情報があるのかと思って買ってみた。なんとなく載っていたので世知辛い世の中になったと思っていた。当時は依存という言葉はなく、のめり込みとかだったかと思う。人気機種はなんだっけか、ギンパラにモンスターハウスだったっけか。今となっては同じスルー構造を採用できない3種のギンパラ、MLTS的に日工組内規に反してしまうモンスターハウス、これらとRe:ゼロやエヴァと比較して、私は後者は今の代表機種だからもちろん肯定的だが、前者がいけなかったのかどうか、案外理解に苦しむところである。

次のページへ >

-コラム
-, ,

Copyright© 『遊技日本』 , 2022 All Rights Reserved.