パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

【寄稿】3月いろいろ(WEB版)/POKKA吉田

投稿日:2022年4月25日 更新日:

3月はまん延防止等重点措置の終了が予定されている月であり、年度末ということもあって、いろいろ動きがあると考えていた人も多かったことだろう。実際に動きはいくつもあった。

まずは15日。全日本遊技産業政治連盟が木村義雄氏を応援することを記者会見で正式に表明した。この連盟はぱちんこ業界の主要団体の代表者らが集まっており、現在は全日遊連阿部理事長が連盟会長を担っている。会見では阿部会長はもちろん、日遊協西村会長、余暇進千原副会長、MIRAI東野代表理事、日工組榎本理事長、日電協兼次理事長、全商協中村会長、回胴遊商大饗理事長が並んだ。主要業界団体のトップらが集まった会見にはもちろん木村義雄氏も登壇している。

この日は会見までに東遊商のセミナーに木村氏が登壇しており、自身の長年にわたる政治活動などについて力説している。

木村氏は今年の参議院議員選挙の全国比例の候補予定者として自民党から公認を受けている。公認証書の受け渡しが13日ということもあってか、この日の会見という運びになったようだ。

会見で連盟の阿部会長は、昨年8月から木村氏への応援について、風営法議連の幹部など自民党から要請を受けていたことを明かしており、公認を受けたことで業界挙げて木村氏を応援する旨を壇上に集まった方々とともに明言している。

本紙の鈴木さんも会見にもちろん取材に来ていたし私も取材に行った。あくまでも私の率直な感想だが「今回は3年前とは違い、業界が一丸となって応援することになっている」ということが特筆すべきだと思っている。今回、ホール4団体、メーカー2団体、販社2団体のトップらが集まって応援することを表明するということは、3年前にはなかったことである。既に日遊協の広報誌にて西村会長と木村氏との対談記事が掲載予定となっていることも日遊協の西村会長が会見で明かしている。今回、ぱちんこ業界はオフィシャルとして木村氏を応援することを表明したというのは大きな意味があるかと思う。3年前とは応援する人も違うが、今年の推移は私は連盟の表明を好意的に受け取って注目しようと思っている。

次のページへ >

-コラム
-, ,

Copyright© 『遊技日本』 , 2022 All Rights Reserved.