パチンコ・パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

【コラム】CR大海物語4BLACK&台湾旅2日目/レイちゃん

投稿日:

レイちゃんのほんわかパチンコ実戦記㊶
最初に…この度の西日本豪雨で被災された方々、そのご家族の皆様に謹んでお見舞い申し上げます。1日も早い被災地の復興と皆様が安全に暮らせるように心よりお祈り申し上げます。

正直、今回はコラムも自粛したほうが良いのでは…と迷いながら書いています。西日本の記録的豪雨と大洪水によって現時点(7月13日現在)でお亡くなりになられた方が200人もおられます。行方不明者やご家族と連絡がとれていない方が1人でも無事に見つかってほしいです。

私は関西在住ですが6月18日の大阪北部地震以降、不安な日々を過ごしています。地震の日も豪雨の日も電車が運転見合わせでお仕事が急遽お休みとなりました。そして岡山や広島にお友達が住んでいます。今回の豪雨も他人事ではありませんし募金や支援物資など自分に出来る事はしていきたいです。

気持ちを切り替えてパチンコ実戦してきました。今回は新台の「CR大海物語4 BLACK」を初打ち。

通常時は4個保留だから大海物語4を打ってきた方には少し違和感があるかもしれません。初当り(ヘソ大当り)の大当り内訳は、7R確変(ST50回+時短50回)と7R通常(時短100回)が半々。奇数図柄大当りならスーパーチャンス(確変)、偶数図柄大当りでも時短が100回付きます。

打ち始めて投資3500円、サメ図柄(7R通常)で大当り!!

ブラックパールフラッシュなしの地味な当たり方だったよ。時短100回転はスルーしました…うーん(汗)持ち玉で2回目の初当りをひいたらまた7R通常、時短中に熱い演出も見られず閉店時間。安心して遊べるスペックだし、今度腰をすえてパールフラッシュが鳴るまで打ってみよう。レイちゃんオススメ台に認定致します。

皆様お待たせしました。ここからは先月の台湾旅行2日目の続きを書きますね。台湾に興味のある方や旅行好きな方必見です。前回分も良かったら読んで下さい。(【コラム】新台パチンコカイジ&台湾旅/レイちゃん【コラム】ぱちんこ麻雀格闘倶楽部&台湾旅2日目/レイちゃん

1日目は関西国際空港から台湾の高雄(カオション)市に向かい、高雄の夜景や客家料理を満喫、愛河クルーズも良かった。

2日目は朝6時に起床してホテルで朝食を頂いてからチェックアウト。私達家族と日本人ガイドのSさん、現地の運転手さんで高雄市内の澄清湖(ツンチンフー)、蓮池潭(リェンチータン)を観光します。

そして、高雄から台北に向かうため、念願の台湾高速鉄道(台湾新幹線)に乗る時がきた!!

高雄(左営)駅から台北駅までは新幹線で約1時間50分。下の地図を見て頂いたら分かると思うけれど、結構遠いです。私は新幹線が好きで、過去にエヴァ新幹線の記事を書かせてもらったことがあります。

左営駅構内で福原愛ちゃんの超巨大ポスターを発見!!台湾でも大人気の愛ちゃんは日本の誇りですね。ここでガイドSさんと運転手さんとはお別れになります。Sさんはお弁当とお茶を渡して下さり、私達の姿が見えなくなるまで笑顔で見送ってくれた。

駅のホームで台湾新幹線とご対面しました。旅行前に日本のグリーン車のようなビジネス車両にプランを変更済み。全12両のうち1両だけがビジネス車両になっていて、おしぼり、お菓子、飲み物のサービス付きです♪

しかしビジネス車両は6両目だから私は荷物を家族に預けて新幹線の前方を撮影しようとホームを早歩き。急いで写真を撮り、ぜーぜー言いながらビジネス車両に戻ったよ(汗)

ビジネスはシートがワイン色で他は青色のお席です。車内で豚肉のステーキ丼お弁当を頂きました。乗務員さんに中国語で話しかけられて、早口で聞き取れなかったから英語でお願いしたらお菓子2種類(ナッツかひとくちサイズの洋菓子)、どっちがいいですか?との質問だった。英語なら理解できるし、話も通じてホッとしました。新幹線は快適でスーツケースを足元に置いても余裕があります。新聞を読んでいるサラリーマンの方が多かった。

台北駅に着くとホームで台湾人ガイドのRさんが出迎えてくれました。Rさんは40代くらいの女性で日本語も上手です。ご挨拶をしながら改札口を出て外で待っておられる運転手さんのもとへ急ぎます。旅行のプラン通りに動いているため、無駄な時間が1分もない。運転手さんと合流、早速台北の観光名所に向かった。

最初に訪れた「忠烈祠(ツォンリエツゥー)」は、辛亥革命や対日抗戦などで亡くなった約33万人の軍人の英霊を祀る祭祀場です。決まった時間帯に英霊と建物を守る衛兵の交代式が行われていて拝見しました。そして次に「九份(チョウフン)」に移動する。

☆画像上/「忠烈祠(ツォンリエツゥー)」画像下/「九份(チョウフン)」の地図

「九份」は台北から車で約50分。ちなみに、電車だと台北駅から最寄りの瑞芳駅まで約1時間、駅からバスで約15分かかるみたい。千と千尋の神隠しのモデルになったと言われているだけに観光客が溢れていましたね。建物はどこか懐かしい感じでのどかな地域です。セミの鳴き声が山中に響いて石のベンチに座りながら暗くなるのを待った。

「九份」は夜景が幻想的と聞いています。ベネチア映画祭でグランプリに輝いた「非情城市」の舞台にもなったそうです。お昼間の観光プランもあるのだが、ここでのミッションは夜景を撮る事。夕方5時半ごろに旅行会社が予約してくれたお店で夜ご飯を頂きます。

夜7時過ぎてようやく辺りが暗くなりシャッターチャンス到来。みんなスマホやデジカメで必死に夜景を撮っている。暑い中2時間以上、外で待った甲斐があったよ。私は歩き疲れてグッタリしていた。でも九份に来てなかったら一生後悔したと思う。

帰りも高速道路で車移動、その前に運転手さんがここから見る景色が綺麗だよと車を止めてくれた。ガイドさんも私達もおじさんの気配りに感動しました。長かった2日目が終わり、台北のホテルで夜9時にチェックイン。

台北晶華酒店(リージェント台北)は評判の良い5つ星ホテルです。今日から2日間こちらでお世話になります。

次回はパチンコ実戦と「台湾旅3日目」のお話。読んで下さった方はTwitterの拡散にご協力お願いします!!

■プロフィール
レイちゃん
大阪出身の自称ヒキ強パチンカー。関西を中心にタレント、美容講師、フリーライターとして活動中。パチンコ愛は誰にも負けない。パチ7で人気の漫画家、天草ヤスヲ先生、ピノコ先生が大好きで応援している。チームヤスヲ、チームピノコ総監督。

-コラム
-

Copyright© 『遊技日本』 , 2018 All Rights Reserved.