パチンコ・パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

フィールズ、売上高18.6%減

投稿日:

フィールズ㈱(繁松徹也代表取締役)は7月31日、平成30年3月期第1四半期(4月~6月)の決算短信を発表した。

期中の連結経営成績は売上高124.4億円(前年比18.6%減)、営業損失29.0億円、経常損失30.5億円、純損失27.5億円となった。遊技機の販売台数はパチンコ機1.4万台、パチスロ機1.2万台の合計2.7万台(前年比0.9万台減)。市場から高評価を得た「ぱちんこGANTZ」の追加受注があったものの、前年より合計販売台数が下回ったことで減収となった。ただし経営効率化により販管費を抑えたことで、営業損失等は前年と同じ水準となっている。

同社では今後、射幸性が抑えられることとなる規則改正を好機と捉え、ラインナップの見直しや拡充に取り組むとともに、次期以降の遊技機に対して企画、プロデュースを一層強化していく方針とした。

業績予想に修正はなく、通期は売上高820億円~850億円(前年比7.0~10.9%増)、営業利益10~20億円、経常利益0~20億円、純利益0~20億円を見込む。

-業界ニュース
-,

Copyright© 『遊技日本』 , 2017 All Rights Reserved.