パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

オーイズミ第1四半期決算、ホールの抑制的な設備投資スタンス続く、食品事業・ペットフードビジネスは順調

投稿日:

オーイズミ_logo

オーイズミは8月12日、2023年3月期第1四半期の決算を発表した。これによると売上高は前年同期比13.6%増の32億86百万円、営業利益は同42.2%減の3億32百万円、経常利益は同43.9%減の3億35百万円、純利益は同50.0%減の2億7百万円だった。

機器事業ではパチンコホールの設備投資スタンスは依然として抑制的で、販売状況は厳しいものとなった。一方、食品事業を新たな中核事業と位置づけ、収益確保に向けた付加価値商品の開発とECサイトでの販売ノウハウを活用した事業拡大に注力。同社グループでのシナジー効果追及に取り組んだ。これに加えて新規開発事業としてグルテンフリー(アレルギー対応)の製品化に向け開発を進めていたペットフードビジネスも順調に推移した。

主力である機器事業の遊技機部門では、4月に「パチスロひぐらしのなく頃に祭り2カケラ遊び編」を市場投入。売上高は16億3百万円(前年同期比1.4%増)、セグメント利益1億40百万円(同56.9%減)だった。

新たな中核事業と位置付けた食品事業の売上高は10億2百万円(前年同期比56.2%増)、セグメント利益71百万円(同1.7%減)。自社ブランド「蒟蒻工房」の認知度向上・販路拡大を進めたほか、事業分野の拡大を目指して2022年4月に子会社化したバブルスターが健康食品の開発、製造、ECサイトでのブランド商品販売を展開し、売り上げに大きく貢献した。

23年3月期の連結業績予想は前回発表から据え置き、売上高156億円(前年同期比44.5%増)、営業利益12億円(同98%増)、経常利益11億20百万円(同98.9%増)、純利益7億円(同79.9%増)としている。

-業界ニュース
-, ,

Copyright© 『遊技日本』 , 2022 All Rights Reserved.