パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

平和3Q決算 遊技機事業は販売台数増加・損失幅縮小

投稿日:

平和は2月9日、2022年3月期の第3四半期決算を公表。売上高は前年同四半期比21.4%増の923億76百万円、営業利益99億57百万円(同437.1%増)、経常利益98億76百万円(同313.6%増)、純利益46億04百万円(前年同期は純損失25億28百万円)だった。

遊技機事業の売上高は244億82百万円(前年同期比34.1%増)、営業損失16億66百万円(前年同期は営業損失39億99百万円)。パチンコ機は「ガールズ&パンツァー 劇場版」、「NEW TOKIO」等を発売し、販売台数は4万台(前年同期比2千台増)。パチスロ機は「うまい棒」、「パチスロ戦国乙女 暁の関ヶ原-DARKNESS-」等を発売し、販売台数2万2千台(同1万8千台増)となった。新型コロナの影響で販売台数が伸び悩んだ前年同期と比較して、販売台数が増加したことにより、売上高は前年同期を上回り、利益面でも損失幅が縮小した。

ゴルフ事業では、緊急事態宣言等が解除された10月以降、顧客単価が回復傾向にあるほか、新規取得したゴルフ場の運営開始などにより、売上高は前年同期比17.4%増の678億93百万円、営業利益は同70.5%増の134億05百万円となった。

通期の見通しについては、1月14日に業績予想の下方修正を公表しており、これによると電子部品不足の影響で販売台数をパチンコ機9タイトル・6万3千台、パチスロ機7タイトル・2万9千台に大幅に見直したほか、希望退職制度の実施及び営業所・出張所の統廃合により、割増退職金等を特別損失として計上することから、売上高1,206億円(前期比11.9%増)、営業利益90億円(同69.4%増)、経常利益87億円(同50.0%増)、純利益14億円(同61.8%増)となる見通し。

-業界ニュース
-, ,

Copyright© 『遊技日本』 , 2022 All Rights Reserved.