パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

PAAが定例理事会、スマートパチンコ・パチスロ発売の遅れ懸念

投稿日:

一般社団法人ぱちんこ広告協議会(PAA)は1月26日、定例理事会を開催した。

大島理事長は冒頭の挨拶で、業界環境、新型コロナの環境は引き続き厳しい状況にあるが、この中で戦っていきたいとした上で、「各WGが今期やるべきことの協議を進めている。未参加の会員企業もWGに参画いただければと思う」と述べた。

続いて篠原弘志相談役から、ホール団体を中心に協議されている広告宣伝の規制再検討の状況や、旧規則機撤去期日が迫る現在、廃業店舗の増加を体感しており1月末日でさらに減少すると予測されること、自民党風営法議員連盟との関わりなどの話があった。また、アドバイザーの茂木氏からは、広告宣伝の規制再検討についての具体的動きや、スマートパチンコ、スマートパチスロの発売が周辺部材不足など様々な要因から遅れ気味になることが懸念されている現状などが報告された。

活動報告では、“ファン”が選ぶパチンコ・パチスロ大賞WGが2021年版の投票を開始し、2月からは「アンバサダー特別プレゼント:私物など」のPRを実施していることを報告。また、ぱちんこ大会(仮称)WGより、新たなファン創出に向けた企画の立案などの報告があった。

PAA 20220126理事会

-業界ニュース
-,

Copyright© 『遊技日本』 , 2022 All Rights Reserved.