パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

フィリピンで新遊技場展開

投稿日:

1写真説明:左より、アジア・アミューズメント開発㈱の吉野博高取締役、田守順代表取締役会長、山崎竜代表取締役社長

 

フィリピンで、日本のパチンコホールのオペレーションを踏襲した新遊技場が、今年12月12日にオープンする。新遊技場を事業展開するアジア・アミューズメント開発㈱(田守順代表取締役会長)は、11月25日、記者会見とセミナーを開き、概要を説明した。

記者会見には、同社の田守順代表取締役会長、山崎竜代表取締役社長、吉野博高取締役が出席。新遊技場展開の経緯や背景、新遊技場の概要などを説明した。

新遊技場の場所はフィリピンの首都・マニラから車で約2時間の距離に位置するタルラック州・タルラック市。人口30万人強の地方都市だ。店内には142台のゲーム機を設置し、パチンコホール同様のオペレーションで営業を行う。

設置される遊技機は本プロジェクト専用の全面液晶ゲームマシンで、日本のゲームクリエイター達が過去のパチンコ、パチスロ機を研究した上で開発した。液晶内にはパチンコゲーム、パチスロゲーム、パチンコとビンゴゲームを複合させたゲームの計3機種を搭載。この中から任意に選択して遊技を行う。パチンコの玉、パチスロのメダル等は液晶上で再現されており、玉の打ち出し位置等はゲーム機本体にある実際のハンドルで調整する。

遊技の流れは、遊技者は事前にポイントが内蔵されたICカードを購入し、これを各遊技台に差し込んで遊技する。遊技料金は未定だが、同社の田守会長によると「1,000ペソ(※日本円換算で約2,800円)で1時間程度遊べるようなイメージ」を考えているという。

遊技終了後は、貯まったポイントを賞品と交換する。賞品は昔のパチンコホールのように日用品を数多く揃える予定。このこともあり、ポイントの換金は今のところ考えていない。

フィリピンでの同店の法的な位置付けはゲームセンターとなる。ビジネス許可申請は現地のタルラック市に行い、11月23日に認可(営業許可)を受けた。

今回のプロジェクトには複数の企業が関わっている。中心企業はアジア・アミューズメント開発㈱のほか、㈱ピーコスという日本法人で、同社は夢コーポレーション㈱の創業者であり、今年9月まで同社会長を務めた松田泰秀氏が代表を務める。

店舗に設置するゲーム機本体はシンガポールの法人が開発、製造、販売を担った。また、新遊技場の運営はフィリピンの現地法人が行う。両社の間には、ゲーム機のレンタルや店舗運営をコンサルティングする別の現地法人も存在し、これらのプロジェクト関係企業や㈱ピーコスとの間に立って事業を推進する役割を、アジア・アミューズメント開発㈱が務めた。

次のページへ >

-業界ニュース

Copyright© 『遊技日本』 , 2021 All Rights Reserved.