パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

府下の福祉団体等に寄付・助成金を贈呈、寄付累計は9億1,616万に/京都府遊協

投稿日:

京都府遊協_令和3年度寄付・助成金贈呈式

京都府遊協と同組合が母体となる公益財団法人京遊連社会福祉基金(白川鐘一理事長)は11月29日、京都市上京区の京都ブライトンホテルにて令和3年度寄付・助成金贈呈式及び営業者・管理者等研修会を開催。組合員等約140名が参加した。

冒頭、白川鐘一理事長は「我々にとって社会貢献活動は、地域に根差し、地域に愛される存在を目指す業界の責任として欠かすことのできない大切な活動であり、その継続性も求められる。今後も歩みを止めることなく社会の期待に応えていくことが我々に課せられた使命であり、それが業界の未来につながっていく」として同事業を継続することの重要性を語った。

第一部の寄付・助成金の贈呈式では、京都府遊協が社会福祉法人城陽市社会福祉協議会に対し、車いす利用者のための送迎軽自動車の購入資金として200万円を贈呈。続いて公益財団法人京遊連社会福祉基金からは、京都市へ計200万円が寄付され、それに応え門川大作京都市長は「今回でこの寄付は50回を迎え、計1億円を超えた。大きな励みになっている。京都市もコロナ禍で財政の厳しさを実感している。何としてもしっかり改革し、魅力あふれる京都を次の世代に引き継ぎつぐために覚悟を決めて取り組みたい」と話した。

続いて京都市及び京都府下の社会福祉団体計21団体(贈呈式出席は19団体)に対し、計799万6,116円の寄付・助成を行った。なお団体としては10月に京都府共同募金会に50万円の寄付を実施した他、来春開催の全国車いす駅伝競走大会実行委員会に100万円を贈呈する予定で、本年度の助成金等総額としては計1,419万3,536円、財団発足以来の累計は9億1,616万2,505円となった。

第2部の営業者・管理者等研修会では、京都外国語大学国際貢献学部教授・グローバル観光学科学科長のジェフ・バーグランド氏が「日本の常識 世界の常識 -いま京都の中心で何を叫ぶ」と題した講演を行った。

さらに、京都府警察本部生活安全部生活安全企画課許可等事務審査室の松村和紀室長補佐が「健全営業等について」と題した行政講話を行い、健全営業における「パチンコ依存防止対策」「旧規則機の撤去」「適法営業の徹底」の3点について言及。パチンコ依存防止対策については「自己申告・家族申告プログラム導入状率が京都府は極めて低いと聞く。デビットカードの店内撤去も含め、のめり込み対策を徹底いただきたい」と要請。旧基準機の撤去については撤去率について「10月末でぱちんこは全国82.1 %に対し京都79.2%、スロット全国62.2%に対し京都は京都59.1%と共に下回り、現在17,000台弱が残っている。計画的に分散撤去するために一年延長をした経緯もある。速やかな撤去推進をお願いするとともに、野積みや闇スロへ流れることなく適切に廃棄をお願いしたい」と指摘し、適法営業の徹底については「広告宣伝について、店頭には法令に抵触しないものを掲げ、DMで隠れてやる事例もある。これは指示処分や、繰り返し行う場合は営業停止等もありえる。また釘曲げも不正改造事案であり、一度であってもアウト。風適法の許可店とは、一般に原則禁止された行為を解除されている、ということ。今一度それを認識し、自ら健全であろうという努力をお願いしたい」と述べた。

白川鐘一理事長

白川鐘一理事長

門川大作京都市長

門川大作京都市長

-業界ニュース
-,

Copyright© 『遊技日本』 , 2022 All Rights Reserved.