パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

21世紀会、旧規則機の取扱いに関する決議内容を一部改正

投稿日:2021年5月8日 更新日:

パチンコ・パチスロ産業21世紀会は5月7日、改正遊技機規則の経過措置延長に伴い旧規則機の計画的な撤去などを定めた「旧規則機の取扱いに関する21世紀会決議内容」の一部を改正した。

主な改正点は以下の通り。

●当初(規則改正前)、2020年12月31日までに検定切れ、認定切れとなることとなっていた遊技機
→パチンコ機の羽根モノ、ちょいパチ、甘デジ(TS100未満)及びパチスロ機のノーマルAタイプは当初の検定切れ、認定切れの日付から1年以内(改正前は7ヵ月以内)に順次撤去を行う。

●当初(規則改正前)、2021年1月1日以降に検定切れ、認定切れとなることとなっていた遊技機
→高射幸性回胴式遊技機以外の遊技機については、当初の検定切れ、認定切れの日付から1年以内(改正前は2021年11月末まで)に撤去することとし、「新目標 新規則機設置比率」を目途に毎月撤去を行う。

「新目標 新規則機設置比率」はパチンコ、パチスロを合わせた新規則機の設置比率で、2021年5月末「65%」、6月末「70%」、7月末「75%」、9月末「80%」、10月末「85%」、11月末「90%」、12月末「95%」、2022年1月末「100%」としている。また、計画的な撤去を推進するために、新旧遊技機設置比率明細書を遊技機入替の都度、担当所轄警察署へ提出することとする。

文書では改正の経緯について、「ホール営業所は昨年来、コロナ禍の厳しい経営環境が続いており、コロナ第4波といわれる感染拡大に伴い3回目の緊急事態宣言が発令されるなど、今後一層、厳しい営業を強いられることが危惧される。全日遊連、日遊協、日工組、日電協、全商協、回胴遊商の6団体では、行政当局に対し、こうした状況を説明し、21世紀会決議の改定について、相談したところ、理解を得ることができた」と説明している。また、今後は一部改定した21世紀会決議に基づく「新規則機設置比率の進捗計画」が撤去基準となり、「新目標」に示された設置比率が形骸化することなく確実に実施され、計画的撤去が完遂するよう求めている。

-業界ニュース
-

Copyright© 『遊技日本』 , 2021 All Rights Reserved.