パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

平成観光が令和3年度入社式、22名が入社

投稿日:

平成観光令和3年度入社式_辞令交付

東海地区を中心に全国でパチンコ店を経営する平成観光は4月1日、多治見市のセラミックパークMINO国際会議場にて、令和3年度新入社員入社式を実施した。

入社式では東野昌一代表取締役社長が「遊技機の切り替わりの時期と、新型コロナウイルス感染拡大が重なり、業界全体が非常に厳しい状態にある。その中で皆さんをお迎えできるのは、まだまだこれから会社が成長できるという事。 このコロナ禍を戦い抜けば、その先に未来があると感じている。今日から皆さんは同じ釜の飯を食べる仲間です。一緒に楽しんで、笑って、泣いて、喜んで、一緒に色々な喜怒哀楽を共にしたいと思っています。この先つらいこともあると思いますが、一度きりの人生なので絶対後悔しないように、あらゆることに一所懸命取り組んでほしい。 そして、大事なのはどこまでいっても「学び」。学生時代の勉強よりも社会に出てから学ぶことの方が遥かに多いです。五感を研ぎ澄ませて、トレンドに強くなって下さい。本を読む、人の話を聞く、人の行動を見る、色々な経験がこの先どのような人生においても役に立つと思っていますので、一所懸命学んで下さい」と新入社員を歓迎した。

辞令交付と社章授与の後、新入社員を代表して横井斗さん(KEIZ大高店配属)が「これからは自分たちが進めていく仕事を通じて、地域の方々にワクワクやサプライズを提供し、働く仲間やその家族を含めて、安心や幸せを担っていきます」と誓いの言葉を述べた。

今年度は22名(男性15名、女性7名)が入社し、4月7日より愛知県・富山県のKEIZ店舗に配属される。

平成観光令和3年度入社式

-業界ニュース
-,

Copyright© 『遊技日本』 , 2021 All Rights Reserved.