パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

余暇進が3月度の部会・理事会を開催

投稿日:

3月9日、一般社団法人余暇環境整備推進協議会(余暇進/笠井聰夫代表理事・会長)は3月9日、令和3年3月度の部会・理事会を開催した。今回の部会・理事会も新型コロナウイルス感染症対策のため、全面web方式での開催となった。

部会では、ダイコク電機DK-SIS室長の片瀬宏之氏が「New Normal+ 軌跡が照らす明日への扉」との演題で、業界動向や営業上のポイント等について講演した。また、余暇進に新規入会した企業の中から、株式会社ワンダーランドの村上和彦社長と株式会社メディアミックスの高橋和裕社長から挨拶と企業概要や事業内容についてのプレゼンテーションが行われた。

講演では冒頭、ダイコク電機の栢森雅勝会長が「本日は業界動向を示しつつ、ホール営業にとって必要なテーマを紹介したい」と挨拶。講師の片瀬氏からは、同社のパチンコホール向け会員制情報提供サービス「DK-SIS」より最新の業界動向の紹介と遊技機の活用に関して話があった。この1年は新型コロナウイルス感染症の蔓延により一段と集客に苦戦する状況となった。旧規則機から新規則機への入替えを進めていかなければならないといった過渡期にも入り、特にパチスロの業績変化が大きかったとして、新旧遊技機の交替に際し、各店舗がどのような取り組みを行ったかに着目し、結果の業績変化を紹介した。その上でパチンコの業績を如何に向上させていくべきなのか、データ管理上の要点を示しつつ解説した。「パチスロ営業に投資しても現状では利益を生み出すことが難しい」と多くのホールがパチンコよりもパチスロ営業に注力を続けていることに対して警鐘を鳴らすとともに、営業注力をパチンコへシフトするのが早ければ早いほど業績向上の効果が大きくなると示した。

会員プレゼンテーションでは、遊技機の販売事業を中心にパチンコホールのトータルサポートを行うワンダーランドが同社取扱製品の中から一風変わったモノとして「王様の玉手箱」(千円自販機)を紹介。近年パチンコホールでも種々の自動販売機の設置が進んでおり、アイキャッチにも優れた本製品の魅力を伝えた。

メディアミックスは、遊技機入替作業の請負から入替作業の内製化に関する支援をはじめ、島関連、セキュリティ関連、清掃関連の事業を展開している他、キャリア形成支援など対人支援も手掛けている。プレゼンテーションでは、事業内容を紹介するアニメーションを上映しつつ、事業内容をひとつひとつ紹介した。

-業界ニュース
-

Copyright© 『遊技日本』 , 2021 All Rights Reserved.