パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

平和 第3四半期決算、遊技機販売台数の減少で減収減益、通期業績予想も下方修正

投稿日:

平和は9日、2021年3月期の第3四半期決算を公表した。それによると売上高761億09百万円(前年同期比33.4%減)、営業利益18億53百万円(同91.9%減)、経常利益23億88百万円(同89.4%減)となり、遊技機販売台数の減少により前年同期を大幅に下回った。

遊技機事業においては、パチンコ機は「Pルパン三世~復活のマモー~」、「P戦国乙女6 暁の関ヶ原」など3タイトルを発売し、販売台数は37千台(前年同期比25千台減)。パチスロ機は「対魔導学園35試験小隊」を発売し、販売台数4千台(同56千台減)となった。この結果、売上高182億63百万円(同61.6%減)、営業損失39億99百万円(前年同期は営業利益140億75百万円)となり、売上高および利益面は、販売台数の減少により前年同期を大幅に下回った。

ゴルフ事業では、2020年10月に「石岡ゴルフ倶楽部」など計4ゴルフ場を取得し、同年12月より運営を開始。売上高および利益面については、第2、3四半期に来場者の大幅な回復があったものの、第1四半期の業績の落ち込みを補うには至らず、またコンペの減少など顧客単価が低下したこともあり、売上高578億45百万円(前年同期比13.4%減)、営業利益78億64百万円(同29.5%減)で、前年同期を下回ることになった。

通期の連結業績予想については、遊技機事業において一部タイトルの発売を来期以降に見送ったことや厳しい市場環境が続いていることなどにより、販売台数を大幅に見直した。パチンコ機49千台(前回発表予想は78千台)、パチスロ機35千台(前回発表予想は52千台)の販売となる見通しで、通期の計画を下回る見込みとなったことから、売上高1064億円(前期実績1445億73百万円)、営業利益33億円(同235億51百万円)、経常利益38億円(同232億78百万円)に下方修正した。また連結業績予想の下方修正を受け、同日付で役員報酬の減額も発表している。

-業界ニュース
-,

Copyright© 『遊技日本』 , 2021 All Rights Reserved.