パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

業界8団体が「沖ドキ!」等の撤去徹底をパチンコホールに強く求める

投稿日:

業界8団体(全日遊連、日遊協、日工組、日電協、全商協、回胴遊商、MIRAI、余暇進)は1月18日、全国のパチンコホール営業者宛てに、「沖ドキ!」「沖ドキ!-30」等の旧規則パチスロ機の21世紀決議に基づく計画的撤去の徹底を求める文書を発出した。

文書では、「高射幸性パチスロ機はもとより、21世紀会決議に基づく撤去期限を迎えたアクロス製『沖ドキ!』『沖ドキ!-30』を設置し続けている一部のホールが確認されており、同決議を遵守している近隣ホールが悪影響を受けるという由々しき事態が発生している」と指摘。「我々業界団体は、目先の利益や己の権利ばかり主張する一部の者の存在によって、業界全体の未来が危ぶまれる事態をこのまま看過することはできない」として、21世紀会決議に基づく計画的撤去の徹底について、業界全体で一丸となって取り組んでいることから、ホール営業者においても全力で取り組むよう求めた。

-業界ニュース
-

Copyright© 『遊技日本』 , 2021 All Rights Reserved.