パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

2020年1月末の自主規制を検討、設置比率15%以下へ

投稿日:

10月29日に行われた東京商業流通組合「第30回通常総会」後に開かれた懇親会に臨席した阿部恭久理事長(東京都遊協)は、来賓祝辞の中で来年1月31日までに高射幸性回胴式遊技機の設置比率を5%以下とする自主規制を、15%以下で検討する旨を明かした。

既に全日遊連からは10月下旬に各ホールへ通達しており、15%以下となった自主規制の内容については11月13日に開かれる全日遊連の理事会で提案、決議される予定。阿部理事長は「自主規制は自ら決めた事。高射幸性回胴式遊技機を順次削減するという姿勢をしっかりと示し、間違っても設置比率を上げるような入替えを行わないよう、国民目線も意識しながら進めていかねばならない」と方針を示した。

-業界ニュース
-,

Copyright© 『遊技日本』 , 2019 All Rights Reserved.