パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

ZENT豊橋藤沢店、業界関係者に披露 セルフカウンターなど最新設備充実

投稿日:

2月1日に24店舗目となるパチンコホール「ZENT豊橋藤沢店」(愛知県豊橋市)をグランドオープンする善都は1月29日、オープンに先立ちメディア・業界関係者向けの内覧会を開催した。

ZENT豊橋藤沢店は、同社初となるMEGAドン・キホーテ店内のテナント出店であり、小坂店、可児店に続く同社3店舗目の全席禁煙店舗。セルフカウンター、紙幣事務所搬送装置、ウエアラブル端末、清掃ロボット、賞品自動販売機といった最新の設備機器による省力化、そして『SNS映え』をコンセプトにプロジェクションマッピング、大型サイネージ、インタラクティブサイネージを導入。機能面だけでなくビジュアル的にも時代の1歩先を行く近未来化モデル店舗となっている。

同店の概要を説明した柘植敦司店長は「我々が考える省力化とは、機械に任せる業務は機械に任せ、人にしかできないお客様との接客、接遇をより密に、より力を入れて行うことでお客様に楽しんでいただくこと」と述べ、省力化はこれまで以上に質の高い接遇、快適なホール空間を提供するための施策だと強調した。

都筑善雄代表取締役社長

ウエアラブル端末

省力化施策の一つとして高い効果が期待されるウエアラブル端末。スタッフはそれぞれ腕時計型のウエアラブル端末を装着。呼び出しボタンが押されるとバイブレーションとともに呼び出されているエリアが画面に表示される。従来のように、呼び出しランプが付いている場所がないか探す必要がなくなるうえ、呼び出されている場所を瞬時に把握できるため、迅速な対応が可能となる。

画面を触ることで海の生き物の様々な動きが楽しめるインタラクティブサイネージ

メインとなるエントランスにはインタラクティブサイネージを設置。上部のセンサーにより画面を触ると海の生き物が寄ってくるという、ちょっとしたアトラクションとなっている。エントランスはMEGAドン・キホーテとの共用スペースとなっているため、子どもでもインタラクティブサイネージを楽しむことができる。

賞品自動販売機

セルフカウンター

賞品自動販売機とセルフカウンターも省力化施策の一環として導入したもの。お客自身が獲得した玉・メダルを賞品に交換することが可能となる。賞品自動販売機は、欲しい賞品の番号を入力すると必要な玉・メダル数が表示され、会員カードもしくは一般カードをリーダーに挿入すれば賞品が出てくる仕組み。セルフカウンターも同様にお客がセルフで賞品交換を行うためのシステム。4台のカウンター中、2台がこのセルフカウンターとなっており、状況に応じて有人か無人かを選択することができる。

都筑善雄代表取締役社長は「当社は創業以来、いろんなことにチャレンジしてきた。豊橋藤沢店の出店も業界に先駆けた取り組みで新たな道を切り開いていくためのチャレンジ。常に早いスピードで変化する社会において、お客様のニーズも先取りしていけるような企業を目指していく」と力強く語った。

■店舗データ
ZENT豊橋藤沢店
住所 愛知県豊橋市藤沢町141番地11
(MEGAドン・キホーテ豊橋店内)
設置台数 1,111台(4円パチンコ447台、1円パチンコ144台、1000円/47枚パチスロ520台)
オープン日 平成31年2月1日(金)

-PICK UP, 業界ニュース
-

Copyright© 『遊技日本』 , 2019 All Rights Reserved.