パチンコ、パチスロ業界ニュース

ユニバーサルとカプコン、パチスロ開発で業務提携

投稿日:

ユニバーサルエンターテインメントは1月31日、遊技機事業においてカプコンと業務提携に関する基本合意書を締結したことを発表した。

今回の業務提携は、互いの強みを生かして両社の収益力を最大化することが目的だ。ユニバーサルエンターテインメントは、パチスロ筐体に関して業界トップクラスの技術力と販売力を有する。一方のカプコンは世界有数のコンテンツホルダーであり、強力なコンテンツ開発力を持っている。

業務提携の主な形は、ユニバーサルエンターテインメントがパチスロ機のコンテンツ開発をカプコンに委託し、その開発支援(コンテンツ開発機材の貸与等)をユニバーサルエンターテインメントが行うというものだ。カプコンでは、パチスロ機のコンテンツ開発、筐体開発、製造を行うとともに、当該業務、販売、広告宣伝活動を行うため必要な範囲で、ユニバーサルエンターテインメントに対してカプコンが有する著作権等の使用許諾を行う。

カプコンは、既にパチスロ関連事業において十分な実績を持っている。同社は「バイオハザード」「モンスターハンター」「ストリートファイター」など、有名なゲームコンテンツを多数保有し、これらはパチスロ機としても多数のヒット機種を生んだ。同社内でも、自社コンテンツのパチスロ化ビジネスは安定事業と位置付けられ、同社の成長戦略を下支えしている。

ユニバーサルエンターテインメントでは、今回の業務提携が、2020年度以降の同社の売上及び収益の拡大に繋がると見通している。

-業界ニュース
-,

Copyright© 『遊技日本』 , 2019 All Rights Reserved.